山陽新聞デジタル|さんデジ

粟島 (あわしま)

観光スポット
  • 粟島海洋記念館

    粟島海洋記念館

    • 粟島港

    • 大小島真木の「生命のスープ」

    • マユール・ワイェダの「始まりの洞窟」

    • ディン・Q・レの「この家の貴女へ贈る花束」

    • エステル・ストッカー「思考の輪郭」

    • ムニール・ファトゥミ「過ぎ去った子供達の歌」

    • SOKO LABO

  •  香川県西部、三豊市荘内半島の沖に浮かぶ粟島は人口約200人(8月末現在)、面積3.68平方キロの小さな島で、カキやヒラメなどの養殖が主な産業。歌手藤井フミヤさんのお気に入りの島でもある。
     上空から見るとスクリュー型をした地形で、江戸時代には北前船の寄港地として栄えた。明治時代には日本初の海員養成学校が創設され、1987年の廃校まで多くの船乗りを世界の海に送りだした。学校跡地は現在、粟島海洋記念公園として利用されており、今も残る大正時代の洋風校舎は国の登録有形文化財となっている。
     瀬戸内海のほぼ中央に位置し、島からの眺めは抜群。北西部の西浜海水浴場から見る夕日は格別で、南西部の城ノ山(222メートル)頂上からは多島美を満喫できる。
     また島には浦島太郎伝説が残り、粟島港には竜宮城をイメージした建物もある。

    お店・施設情報

    【 交通 】 <岡山から>
    JRの場合、岡山から瀬戸大橋線特急しおかぜに乗り、詫間駅で下車する。粟島港へは、須田港から定期便が毎日8便運航。運賃は大人330円、子ども170円。マイカーの場合は臨時駐車場を利用する。詫間駅や臨時駐車場から同港へは無料シャトルバスが走る

    <島内>
    徒歩で移動可能。レンタサイクル(1日500円)もあり、粟島港近くで借りることができる
    【 施設 】 <買い物>
    島民向けの商店が1軒。スーパーやコンビニはない。粟島港付近には飲料水自動販売機が若干ある

    <食事スポット>
    ベトナム出身のアーティスト、ディン・Q・レが考案した食プロジェクト「PhoUdon & COFFEE HOUSE」。ベトナムの国民的麺料理「フォー」と瀬戸内の名物であるうどんをかけあわせた「フォうどん」と、瀬戸内の郷土料理「いりこ飯」の定食を限定販売。このほか、カフェや宿泊施設など合わせて6店程度ある

    <宿泊>
    ル・ポール粟島やゲストハウスなど4軒
    【 その他 】 <お土産>
    インド人アーティストのマユール・ワイェダさんの制作している特製ネックレスを、数量限定で販売する予定

    <問い合わせ先>
    三豊市観光交流課(0875-73-3013)
    【 会期 】 <時期>


    <主な見どころ>
    2010年から続く日比野克彦のプロジェクト。新作「種は船プロジェクト」は、種は「人やもの、地域をつなぐ“船”のよう」という発想で造船された「TANeFUNe」で粟島の海岸線を調査する
    【 作品 】 <前回から継続>
    日比野克彦「瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト」、エステル・ストッカー「思考の輪郭」、ムニール・ファトゥミ「過ぎ去った子供達の歌」、山田紗子「須田港待合所プロジェクト・みなとのロープハウス」

    <今回初>
    日比野克彦「種は船プロジェクト」、TARA「TARA」、大小島真木/マユール・ワイェダ「粟島芸術家村」、菊地良太「SOKO LABO」、ディン・Q・レ「ナイト&デイ(人生は続く)/この家の貴女へ贈る花束/PhoUdon&COFFEE HOUSE」、リチャード・ストライトマター・トラン「ヒキコモリ」


瀬戸内国際芸術祭 観光スポット

  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
  • 宇野港
    宇野港
     岡山県の南端に位置する臨海都市で、1940年に県内4番目の市として誕生。面積103.58平方キロメートル、人口約59300人(2019年3月末現在)。1910年のJR宇野線開通と宇高連絡船就航...
    ⇒続きを見る
  • 本島
    本島
     大小28の塩飽諸島の中心島で、周囲16・4キロ、面積6・74平方キロメートル。人口約300人(2019年1月1日現在)。  豊臣秀吉から徳川慶喜の代まで天領だったものの、島民に自治権が与えら...
    ⇒続きを見る
ページトップへ