山陽新聞デジタル|さんデジ

観光スポット検索結果 32件

  • ジャンル:「その他学ぶ・遊ぶ」
  • 地域:「全エリア」
  • 備中鐘乳穴(真庭市)
    備中鐘乳穴(真庭市)
     青々とスギが茂る谷間のらせん状の道を駐車場から100メートルほど下ると、冷気が押し寄せる。全長約800メートル。現在はそのうち約300メートルが観光洞として公開されている。  平安時代の延喜...
    ⇒続きを見る
  • 満奇洞(新見市)
    満奇洞(新見市)
     岡山県指定天然記念物の鍾乳洞で、江戸時代末期、猟師がタヌキを追っている時に発見したといわれている。1929(昭和4)年に情熱の歌人与謝野鉄幹・晶子夫婦が「奇に満ちた洞」と詠んだことから、「満奇...
    ⇒続きを見る
  • 井倉洞(新見市)
    井倉洞(新見市)
     高梁川沿いにある約240メートルの石灰岩の絶壁にあり、全長約1200メートル、高低差約90メートルの岡山県指定天然記念物の鍾乳洞。洞内の気温は年間を通じて15~16度に保たれている。石灰岩のカ...
    ⇒続きを見る
  • 岩井滝(鏡野町)
    岩井滝(鏡野町)
     水が流れ落ちる様子を滝の裏側から眺められる「裏見の滝」として知られる名瀑。鳥取県境に近い滝は標高830メートルに位置し、落差約10メートル、幅約6メートル。滝の裏側は、岩屋のような薄暗い空洞に...
    ⇒続きを見る
  • 神庭の滝(真庭市)
    神庭の滝(真庭市)
     「日本の滝百選」にも選ばれた、高さ110メートル、幅20メートルの西日本最大級の名瀑。滝の中央には黒い岩が突起し、落下する水しぶきに逆らってのぼる鯉に似ていることから「鯉岩」と呼ばれている。下...
    ⇒続きを見る
  • 山乗渓谷(真庭市)
    山乗渓谷(真庭市)
     全長400メートルの遊歩道を歩いた先に現れる不動滝(落差約20メートル)は四季を通じ豊富な水量を誇る。木立に囲まれた滝つぼの周辺は、真夏でも最高気温は25度を超えない避暑スポット。周辺のブナ林...
    ⇒続きを見る
  • 布滝(津山市)
    布滝(津山市)
     鳥取県境の標高約830メートルの山中にあり、落差約50メートル、幅約10メートル。幅広い漆黒の岩肌を滑り落ちる水が、白い布をさらしているように見えるのが名の由来という。周辺は遊歩道が整備されて...
    ⇒続きを見る
  • 横野滝(津山市)
    横野滝(津山市)
     吉井川の支流・横野川の源流近くにある一の滝(落差8メートル)、二の滝(同15メートル)、三の滝(同36メートル)の総称。「おかやまの自然百選」の一つで、津山の奥座敷として親しまれ、年間約6万人...
    ⇒続きを見る
  • 泉源園地(鏡野町)
    泉源園地(鏡野町)
     渓流のような池にザブザブ入って地元特産のヒラメのつかみ取りができる。ヒラメは澄んだ水にしか生息できないことから“清流の女王”と呼ばれる「アマゴ」の地方名。池の水は浅く、就学前の幼児も楽しめるた...
    ⇒続きを見る
  • 不動滝(新庄村)
    不動滝(新庄村)
     大山隠岐国立公園に属する毛無山(標高1218メートル)。その麓からわき出る水が、ごう音とともに滝つぼへ吸い込まれていく。高さ約40メートル、滝つぼの広さは縦約27メートル、横約35メートル。深...
    ⇒続きを見る
  • 備前焼ギャラリー 喫茶 里房
    備前焼ギャラリー 喫茶 里房
    現在活躍中の作家作品や日常でも楽しめる多彩な器を展示したギャラリーに、備前焼の器でスウィーツなど楽しめるカフェを併設しています。また里房オリジナルの備前焼を使ったお洒落なディフューザー作り体験な...
    ⇒続きを見る
  • 備前焼ギャラリー 山麓窯
    備前焼ギャラリー 山麓窯
    国道2号沿いにある備前焼窯元。広い店内には、食器から酒器、花器、茶器、置物まで豊富に並べられ、好みのデザインの備前焼を手に取って選べます。備前焼の土ひねり体験もでき、窯の見学や喫茶スペースも完備...
    ⇒続きを見る
  • 大島
    大島
     高松港の北東約8キロに浮かぶ高松市庵治町の島(面積0.62平方キロ)。1909年にハンセン病の療養施設が開設され、46年に「国立療養所大島青松園」に改称。病気への偏見と差別から、入所者は国策に...
    ⇒続きを見る
  • 沙弥島
    沙弥島
     面積0.28平方キロ、人口100人(2019年4月1日現在)。坂出市沖約4キロに浮かぶ島だったが1967年、番の州臨海工業団地造成に伴い地続きとなった。  万葉集ゆかりの地で、柿本人麻呂が「...
    ⇒続きを見る
  • 高松港
    高松港
     瀬戸内国際芸術祭の「マザーポート」で、直島や小豆島、豊島、女木島、男木島、大島、玉野市・宇野港の各会場とを結ぶフェリーや高速艇が発着する。JR高松駅も徒歩10分程度。  近くにある高松シンボ...
    ⇒続きを見る
  • 豊島
    豊島
     直島と小豆島のちょうど中間に位置している。面積14.5平方キロメートル、人口は約800人(2019年4月現在)。半数が65歳以上で、高齢化が進んでいる。  島の最南端には、瀬戸内地域最古級と...
    ⇒続きを見る
  • 小豆島
    小豆島
     土庄町と小豆島町の2町からなり、面積は約153平方キロ。瀬戸内海では淡路島に次いで2番目に大きい。人口は約2万7千人(2019年3月1日現在)。  「日本のオリーブ発祥の地」として全国的に知...
    ⇒続きを見る
  • 女木島
    女木島
     高松市の沖合約約4キロに浮かぶ周囲8.9キロ、面積2.67平方キロメートルの南北に細長い島。人口約140人。1672年に天領となり、幕末には備中倉敷代官の管理下に置かれていたが、廃藩置県で香川...
    ⇒続きを見る
  • 男木島
    男木島
     高松市沖約7.5キロにあり、周囲4.7キロ、面積1.37平方キロメートル。人口は約170人(2019年4月現在)。一説によると、源平屋島合戦で那須与一が射た扇が流れ着いたことから「おぎ(おうぎ...
    ⇒続きを見る
  • 高見島
    高見島
     塩飽諸島のひとつで、多度津町の北西約7.5キロにある。南北に細長い面積2.33平方キロメートルの島内に36人(9月1日現在)が暮らす。階段状に建ち並ぶ家や、自然石の乱れ積みでできている石垣など...
    ⇒続きを見る
ページトップへ