山陽新聞デジタル|さんデジ

紙面連載

  • 検証 豪雨災害
    検証 豪雨災害 もっと見る
    「晴れの国」を襲った西日本豪雨。被災者たちの“あの日”から現在の心境までを証言でたどる。
  • 提言(下)逃げる力
    提言(下)逃げる力
     西日本豪雨では、行政サイドからのリスク情報の出し方や、「自分は大丈夫」という心理などによる住民の逃げ遅れが大きな問題となった。速やかに避難するにはどうすればよいのか―。「逃げる力」を高めるための方策を紹介する。 マイ・タイムライン  逃げ遅れを防ぐには、ど...続きを見る
  • 道 TOKYO2020
    道 TOKYO2020 もっと見る
    2020年東京五輪・パラ五輪への切符をつかむため、道を究め、突き進む岡山ゆかりのアスリートを追い掛ける。
  • 女子マラソン 小原怜(天満屋) ラスト1枠奪取へ覚悟
    女子マラソン 小原怜(天満屋) ラスト1枠奪取へ覚悟
     人生の3分の2を陸上にささげてきた。岡山生まれの岡山育ち。天満屋の小原怜(29)が走ってきた道は平たんではない。つまずき、転び、迷うこともあった。  どうしても“悲運”のイメージがつきまとう。  わずか1秒差だった。リオデジャネイロ五輪マラソン代表を懸けた20...続きを見る
  • 平成時代 岡山の軌跡
    平成時代 岡山の軌跡 もっと見る
    喜びや悲しみ、希望や混迷が入り交じった平成の時代が幕を閉じる。岡山県ではどのような出来事があったのか、30年間を振り返る。
  • (9)国際化 世界情勢 地域にも影響
    (9)国際化 世界情勢 地域にも影響
     平成5年5月4日、衝撃的なニュースが飛び込んできた。  国連平和維持活動(PKO)でカンボジアに派遣されていた岡山県警の高田晴行警視=当時(33)=が、ポル・ポト派の武装集団に襲撃され殉職した―。  前年に成立したPKO協力法に基づき日本は、自衛隊と全国の警察...続きを見る
  • 瀬戸内経済クロススポーツ
    瀬戸内経済クロススポーツ もっと見る
    スポーツビジネスをめぐる地場企業の動きを追いながら、瀬戸内経済の発展につながるヒントを探る。
  • スタジアムエンタメ 「お祭り化」で集客増
    スタジアムエンタメ 「お祭り化」で集客増
     プロスポーツの観戦スタイルが変容している。試合を見せるだけではなく、競技になじみの薄い層も楽しめる企画を盛り込み、「お祭り化」するのが潮流になりつつある。第6回の「瀬戸内経済クロススポーツ」は、企業と連携しながらスタジアムのエンターテインメント性を高め、顧客獲得を模索する...続きを見る
  • はととうーじろ
    はととうーじろ もっと見る
    きびちゅーさん(岡山市)が描く子育て漫画。育児中の「あるある」が満載。笑って泣けて、心がほっこり温まります。
  • 第24回「甘えサイン」ほか
    第24回「甘えサイン」ほか
     こんにちは。きびちゅーです。  うちの庭にはハッサクの木があります。先日、母と子どもたちで収穫をしました。    岡山市在住のイラストレーターきびちゅーさん(アラフォー)の子育て漫画「はととうーじろ」。はとちゃん(2012年生まれ)とうー...続きを見る
  • シェフの家ごはん
    シェフの家ごはん もっと見る
    岡山市内4ホテルのシェフが、旬の食材を使った家庭料理を紹介します。動画付き
  • 白みそとチーズの多国籍鍋 シェフの家ごはん(37)
    白みそとチーズの多国籍鍋 シェフの家ごはん(37)
     暖冬とは言われるものの、外に出れば、やっぱり寒い。こんな時は、家族や友人たちとワイワイ言いながら囲める鍋料理が恋しくなる。寄せ鍋、水炊き、しゃぶしゃぶ…。定番のメニューもよいけれど、たまには違った味も試してみたい。岡山プラザホテル(岡山市中区浜)の金馬道徳シェフが教...続きを見る
  • ふわり旬景
    ふわり旬景 もっと見る
    自然や歴史文化が豊かな郷土でドローンを飛ばし、季節感あふれる「旬景」を紹介します。動画付き
  • 青い海 黒いしま ノリ網整然 玉野・胸上沖で収穫「ふわり旬景」
    青い海 黒いしま ノリ網整然 玉野・胸上沖で収穫「ふわり旬景」
     岡山県最大の養殖ノリ産地として知られる玉野市・胸上港沖。上空から小型無人機ドローンで撮影すると、黒々としたノリ網(幅約1・6メートル、長さ約22メートル)が整然と設置され、海水と寒色のしま模様を描いていた。  収穫は昨年12月初旬に始まり、年明けから本格化した。朝か...続きを見る
  • 読者の写真コンテスト
    読者の写真コンテスト もっと見る
    皆さんから寄せられた力作のうち、佳作以上の優秀作品を紹介します。月1回更新。
  • 621回入選作品 令和初の新春 独自視点で彩る
    621回入選作品 令和初の新春 独自視点で彩る
     「読者の写真コンテスト」は今回から新年度に入りました。正月行事や初日の出、成人式、寒稽古…と令和初の新春を彩る力作658点が寄せられ、特に岡山市・後楽園のタンチョウの放鳥を狙った作品が目立ちました。似たような題材が多い中、独自の視点で切り取り、シャッターチャンスをものにし...続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ