山陽新聞デジタル|さんデジ

紙面連載

  • 平成時代 岡山の軌跡
    平成時代 岡山の軌跡 もっと見る
    喜びや悲しみ、希望や混迷が入り交じった平成の時代が幕を閉じる。岡山県ではどのような出来事があったのか、30年間を振り返る。
  • (6)スポーツ プロ化の波 不毛の地返上
    (6)スポーツ プロ化の波 不毛の地返上
     イレブンが敵陣深くに攻め込むたびに、スタンドを埋めた観衆が赤く波打つ。サッカーJ2ファジアーノ岡山のホームゲーム。サポーターたちは選手とともに勝利の喜びを分かち合い、敗戦の悔しさをも共有する。シティライトスタジアム(岡山市北区いずみ町)では、そんな光景がこの10年で“日常...続きを見る
  • はととうーじろ
    はととうーじろ もっと見る
    きびちゅーさん(岡山市)が描く子育て漫画。育児中の「あるある」が満載。笑って泣けて、心がほっこり温まります。
  • 第12回「待てない誕生日」ほか
    第12回「待てない誕生日」ほか
     こんにちは。きびちゅーです。  最近、寝るときはうーじろが明かりを消す係です。  3年前に引っこしてきた時は、まだ小さかったうーじろは、壁のスイッチに手が届きませんでした。  ジャンプして押したら、砂かべにあごをこすりつけて大泣きした思い出があります。  そんなう...続きを見る
  • ふわり旬景
    ふわり旬景 もっと見る
    自然や歴史文化が豊かな郷土でドローンを飛ばし、季節感あふれる「旬景」を紹介します。動画付き
  • “1000万本の黄色”一面に 笠岡湾干拓地「ふわり旬景」
    “1000万本の黄色”一面に 笠岡湾干拓地「ふわり旬景」
     一面に広がる“黄色いじゅうたん”が陽光に輝く。19日、小型無人機ドローンで空撮した笠岡市の笠岡湾干拓地。四季折々の花が楽しめる観光スポットは、咲き誇る約1千万本の菜の花で彩られていた。  道の駅笠岡ベイファーム(同市カブト南町)そばの2区画計5ヘクタールで、開花時期...続きを見る
  • 読者の写真コンテスト
    読者の写真コンテスト もっと見る
    皆さんから寄せられた力作のうち、佳作以上の優秀作品を紹介します。月1回更新。
  • 610回入選作品 野外の題材 面白く仕上げた一席
    610回入選作品 野外の題材 面白く仕上げた一席
     寒い日もありましたが2月は総じて暖冬で、題材を求めて野外へ出掛けた方も多かったようです。岡山市・後楽園で行われた「芝焼き」、各地の会陽、そうじゃ吉備路マラソンなど、恒例行事の作品を中心に応募総数は753点に上りました。発想を変えて挑んだ意欲作もあり、全体のレベルが向上して...続きを見る
ページトップへ