山陽新聞デジタル|さんデジ


CFで新たな絆、木下サーカス 「夢と感動を届けて」支援広がる


 世界三大サーカスに数えられる木下サーカス(岡山市北区表町)が、苦境に立たされている。新型コロナウイルス問題に伴う公演自粛で、運営基盤の売り上げが激減しているからだ。ピンチを乗り越えようと始めたのが、地域密着型クラウドファンディング(CF)サービスの晴れ!フレ!岡山(晴れフレ)。「夢と感動をいつまでも届けてほしい」と願うファンの支援が広がり、寄せられたお金は2000万円超。CFを通じ、双方の新しい絆が生まれつつある。
新型コロナウイルス問題に伴う公演中止を経て、東京・立川で8月1日から再開させた木下サーカスの赤テント
新型コロナウイルス問題に伴う公演中止を経て、東京・立川で8月1日から再開させた木下サーカスの赤テント

 「コロナに負けず観客をたくさん感動させてください」「どんな時代になっても私たちに夢を見続けさせてください」―。晴れフレの木下サーカス専用サイトには、支援者が書き込んだコメントがずらりと並ぶ。その数は約1300。

 4歳の子どもを持つ母親は、2年前に親子で公演を見て感激し、パンフレットをぼろぼろになるまで一緒に読んだ思い出をたどり、こう記した。「きのしただいサーカス、だいじょうぶかなぁと息子が心配しています。家族で応援しています」

 木下サーカスは団員たちが寄せられたコメントに目を通し、全部にお礼のメッセージを返信している。木下英樹取締役は「一つ一つを読んでいると、涙が出そうになることもありますし、勇気づけられます」と声を振り絞るように話した。
感染防止対策として、入場者に検温などの協力を呼び掛けている=東京・立川
感染防止対策として、入場者に検温などの協力を呼び掛けている=東京・立川

 新型コロナウイルスの感染拡大は木下サーカスを直撃し、2月末以降の各公演(福岡、金沢、新潟)を途中で打ち切ったり、全面中止したりした。多額の運営経費を必要とする中で、原資となる売り上げは激減。今年3~7月は前年同時期の95%程度もダウンしたという。こうした背景から立ち上げたプロジェクトが、「木下大サーカスに支援を コロナ乗り越え笑顔と元気を届けたい」だった。

 「劇団四季」の公演中止をはじめ、新型コロナウイルス問題が舞台芸術やエンターテインメントの分野にも深刻な影響を及ぼす中、木下サーカスは7月15日にプロジェクトをスタート。多くのマスコミが一斉に報じたことで、全国のファンに木下サーカスのピンチが知れわたり、開始3日後には第一目標の1000万円に届いた。

 寄せられたお金は、毎月150万円前後に上る動物の餌代・管理費のほか、機材類のメンテナンス費に充てるだけでなく、新型コロナウイルス問題に直面する医療従事者に寄付する。

 木下サーカスは8月1日から東京・立川で公演を再開させた。期間は12月14日までで、会場の「赤テント」では親子連れらが、はらはらどきどきのショーを楽しんでいる。とはいえ、新型コロナウイルス感染者の増加を背景にした外出控えで入場者数は振るわず、このため8月17日から、平日と土曜日は2回、日曜日は3回だった数を、それぞれ一つ減らすこととした。このため、プロジェクトでは現在、3000万円を新しい目標(ネクストゴール)とし、9月22日まで協力を呼び掛けている。
入場者数を通常の半分以下に抑えている東京・立川での公演
入場者数を通常の半分以下に抑えている東京・立川での公演

 木下取締役は「苦境を乗り越えるために団員たちも努力しているが、皆さまのお力をどうかお借りしたい」と訴えている。

「晴れ!フレ!岡山」 夢の実現を支援


 新しい時代「令和」が始まり、地域が未来に向かって大きく動き出しました。

 持続可能で活力ある地域をつくる。豪雨災害から復興・再生を果たす。人と人の共生・共助を進める。新商品やサービスを開発する-。

 多くの夢の実現に向け、山陽新聞社は地域を応援するクラウドファンディング「晴れ!フレ!岡山」をスタートさせました。明日をひらく熱い思いを岡山県内や全国に発信し、共感と共生の輪を広げていきます。

「晴れ!フレ!岡山」とは


 クラウドファンディングは、インターネット上に実現したいこと(プロジェクト)を掲載し、共感してくれた方から資金を調達する仕組みです。「晴れ!フレ!岡山」は、地域づくりや商品開発など岡山に関わるプロジェクトの実行者を支援する地域特化型です。山陽新聞社と中国銀行、クラウドファンディング事業のREADYFOR(レディーフォー)の3社が手を携えてサポートします。

 「晴れ!フレ!岡山」は、プロジェクトの実行者からの申し込みを受け付けた後、所定の審査を経て特設サイトにプロジェクトを掲載します。一定期間を経て支援者から目標額が集まった場合のみ、プロジェクトを起案した実行者に資金を提供します。プロジェクトの支援者には、実行者から感謝の気持ちをこめた商品やサービスなどのリターン(返礼品)が届けられます。

プロジェクト事例はこちら
よくある質問

「晴れ!フレ!岡山」の関連ニュース

JavaScriptをオンにしてください。
ページトップへ