山陽新聞デジタル|さんデジ

コラム

  • 滴一滴
    滴一滴 もっと見る
    山陽新聞朝刊一面に掲載しているコラム。国内外の重大ニュースから身近な話題までの幅広いテーマから、社会の“今”を切り取ります。
  • 日本人で初めて海外メジャーを勝…
     日本人で初めて海外メジャーを勝った樋口久子さんがゴルフを目指したきっかけは、高3で目にした「女子プロゴルファー募集」の新聞広告だった。姉が勤めるゴルフ場で暇つぶしに始めた腕前で、10球ほど打つとテストに合格した▼協会はなく、いわゆるプロの卵。その黎明(れいめい)期から女子...続きを見る
  • 社説
    社説 もっと見る
    国内外の注目ニュースの背景事情や課題について詳しく解説するとともに、山陽新聞社としての主張や考え方を述べています。
  • ラグビーW杯 日本開催をもり立てよう
     「世界一」の座をかけて強豪チームが激突する迫力と高度な技が、見る者を魅了してくれることだろう。  4年に1度行われるラグビーの祭典ワールドカップ(W杯)の日本大会が、いよいよあす幕を開ける。アジア初開催という歴史的な舞台で、悲願の決勝トーナメント進出(8強入り)に挑...続きを見る
  • 地域派弁護士 南へ北へ
    地域派弁護士 南へ北へ もっと見る
    「弁護士」「公益財団法人代表理事」…さまざまな“顔”を持つ大山知康さんが、生活に役立つ法律情報や現行法の課題、被災者支援制度などを分かりやすく伝えます。
  • 局地的豪雨被災の新見を支援して ボランティアや寄付、観光も有効
    局地的豪雨被災の新見を支援して ボランティアや寄付、観光も有効
     新見市令和元年9月集中豪雨災害(以下「新見市豪雨災害」といいます)が発生し、人的被害は重傷1名、住宅被害は全壊1件、床上浸水56件、床下浸水190件(9月13日現在)が生じています。被災された方にお見舞い申し上げます。これだけの被害が出たにもかかわらず、直接的な被害として...続きを見る
  • 岡山発 夫婦で世界一周!
    岡山発 夫婦で世界一周! もっと見る
    1年5カ月にわたる世界旅行での出会いや発見、各国の暮らしなどを、ともに岡山県出身の武田悠佑さん、小倉恵美さん夫妻が紹介します。世界各地で撮影した写真も必見。
  • 大切なつながり 友情に国境なし 世界各国で出会い、触れた人柄
    大切なつながり 友情に国境なし 世界各国で出会い、触れた人柄
     世界一周の旅から帰国したのが2018年9月26日。あれから、約1年が経過しました。いまだに、この経験を基にした講演会のご依頼をいただいており、よく聞かれるのは「旅の費用」や「旅でのトラブル」について。その都度、お答えしているのですが(過去のコラムにも執筆しています)、意外...続きを見る
  • 多賀公人の人生のキーワード
    多賀公人の人生のキーワード もっと見る
    コミュニケーションコンサルタントでMBAを持つフリーアナウンサーの多賀公人さんが、放送局時代の体験を振り返りながら、中高年のキャリア形成や生き方についてつづります。
  • 都会のど真ん中の盆踊りに思う 夏祭りの思い出を子どもたちに
    都会のど真ん中の盆踊りに思う 夏祭りの思い出を子どもたちに
     仕事柄、全国を旅しています。今回の原稿も羽田空港のラウンジで書いています。多分、最後まで書きあげる時間がないので、残りは次の目的地、札幌で書くことになると思います。  先日、東京都の山手線沿いのJR大崎駅直結のホテルに宿泊しました。直結といっても、少し距離はありまし...続きを見る
  • 英田上山棚田団通信
    英田上山棚田団通信 もっと見る
    美作市上山地区で中山間地域の活性化策を模索するNPO法人上山棚田団。理事を務める梅谷真慈さんらが、日々の活動を中心にした現地リポートをお届けします。
  • 上山棚田の夏 3大「すごい」 暮らしで感じる楽しみや苦労
    上山棚田の夏 3大「すごい」 暮らしで感じる楽しみや苦労
     美作市の上山棚田では田植えから約2カ月がたちました。水が張られた田んぼは、だんだんと成長した稲の緑の色が濃くなりました。同時に家や田畑の周囲の草も、ものすごい勢いで伸びます。草刈りした1週間後には、見間違いかと思うぐらい伸びてきていることもあります。いずれにしても「成長を...続きを見る
  • 瀬戸内釣り日誌
    瀬戸内釣り日誌 もっと見る
    週末ごとに瀬戸内海周辺で釣行を楽しむ釣り愛好クラブ「愛潮」メンバー・兼松朋弘さんと河原継弘さんらの釣果報告です。
  • 小豆島沖でマダイリベンジ 67センチに大満足!
    小豆島沖でマダイリベンジ 67センチに大満足!
     日差しが強く、暑くて外に出るのが嫌になる日々が続いていますが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。私は週末になると、暑いと思いながらも好きな「釣り」に行こうか? と迷っております。今回も釣友の湯浅健司さんに、LINEで「明日釣り行くん?」と送ると、この“灼熱地獄”の中でも「...続きを見る
  • 蜂谷秀人の写真雑記帳
    蜂谷秀人の写真雑記帳 もっと見る
    フリーランスカメラマンでファジアーノ岡山オフィシャルカメラマンの蜂谷秀人さんが、デジタル時代の撮影テクニックや写真のイロハを伝授します。
  • 黒船が連れてきたすごいやつ 新iPhoneの超広角レンズ
    黒船が連れてきたすごいやつ 新iPhoneの超広角レンズ
     1日に山口へ行ってきました。そこで相手チーム「レノファ山口」のカメラマンと名刺交換したのですが、「フェイスブックはされていますか?」との質問を受けました。この質問はこれまでも多く「いやー、まだやっていないんですよ」と照れ笑いの連続でした。「試合も勝ったことだし、まっ、記念...続きを見る
  • 岡山鉄道雑記
    岡山鉄道雑記 もっと見る
    自称「鉄チャン」で産業考古学会理事や鉄道記念物評価選定委員を務める小西伸彦さんが、鉄道への思いを愛情たっぷりにつづります。
  • 弓削駅
    弓削駅
     9月1日付の小欄で、備前往来は伯耆の大山寺に参詣する人々の信仰の道だったと紹介した。西大寺道とも言われたらしい。春大山、秋大山と呼ばれ、日本一を誇ったという大山牛馬市には13カ国の牛馬が集った。一方、下弓削には150頭がやってきた。久米郡一の牛馬市は、中国鉄道岡山市・津山...続きを見る
  • エンジョイ!ウーマン
    エンジョイ!ウーマン もっと見る
    女性を取り巻くさまざまな問題を通して、支援の在り方や夫婦のつながり方はどうあるべきかなどを考察します。執筆は、臨床心理士で岡山県立大客員准教授の小畑千晴さん。
  • 心理学から見る「あおり運転」
    心理学から見る「あおり運転」
     車のあおり運転が話題になっています。「あおる」を辞書で調べると、(1)うちわなどで風を起こす(2)風が物を揺り動かす(3)おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける-などと書かれていました。風のように目には見えないものによって、相手に心理的身体的影響を与えることの...続きを見る
  • 元気な大人の創り方
    元気な大人の創り方 もっと見る
    スポーツ教育・指導・研究やキャリア教育などに長年携わる岡山大名誉教授の三浦孝仁さんが、健康づくりやアスリートたちの話題を提供します。
  • 柔道整復術で回復促進 海外の大学からも注目
    柔道整復術で回復促進 海外の大学からも注目
     8月末に行われた2019世界柔道選手権大会では、女子78kg級超の素根輝選手(環太平洋大学1年生)が、執念で優勝を勝ち取り、本学にとっても大きな喜びであった。11日には学内でも報告会が行われ、全国から20社のメディア関係者が訪れた。何より、在学する学生達が喜びを共有し、誇...続きを見る
  • 岡山まちづくり探検
    岡山まちづくり探検 もっと見る
    岡山大地域総合研究センター(AGORA)助教の岩淵泰さんが「地方創生」をテーマに、自治体の事例を交えて岡山の魅力を探ります。
  • 環境を軸に始まった地域との交流 SDGsが企業にもたらした変化
    環境を軸に始まった地域との交流 SDGsが企業にもたらした変化
     「弊社は、ゴミ回収業者でリサイクルもしていますが、ビオ・ガーデンやセラピー・ガーデンを造りました。緑をいっぱい増やしていますので、リサイクル工場まで一度いらしてください」  そのような誘いを岡山市南区にあるコンケングループ(建物解体作業と産業廃棄物処理業)から受けた...続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ