山陽新聞デジタル|さんデジ

コラム

  • 滴一滴
    滴一滴 もっと見る
    山陽新聞朝刊一面に掲載しているコラム。国内外の重大ニュースから身近な話題までの幅広いテーマから、社会の“今”を切り取ります。
  • 新型コロナウイルス禍で、ご多分…
     新型コロナウイルス禍で、ご多分に漏れず「不要不急」に仕分けられた。だから実に3年ぶりとなる。岡山市の天満屋岡山店で始まった展覧会をはやる気持ちで訪ねた▼日本工芸会中国支部による公募展(30日まで)である。工芸には実用のために量産する「製品」もあるが、こちらは、いわゆる人間...続きを見る
  • 社説
    社説 もっと見る
    国内外の注目ニュースの背景事情や課題について詳しく解説するとともに、山陽新聞社としての主張や考え方を述べています。
  • 古代吉備の史跡 岡山全体で活用と発信を
     全国4位の巨大古墳、造山(つくりやま)古墳(墳長350メートル、岡山市北区)を中心とする造山古墳群。その一つ、千足(せんぞく)古墳(墳長81メートル)で、岡山県で初めてとなる前方後円墳の復元整備が進んでいる。墳丘には既に復元埴輪(はにわ)も立ち並び、5世紀前半に築かれた頃...続きを見る
  • ファジ広報大使の蹴球熱視線
    ファジ広報大使の蹴球熱視線 もっと見る
    サッカーJ2ファジアーノ岡山の元選手で、特命広報大使を務める赤嶺真吾さんと椋原健太さんが忘れられない選手時代の経験、スタジアム観戦などサッカーの魅力をそれぞれの目線で紹介します。
  • 引退後は岡山で新たなスタート! 子どもたちに経験伝えたい
    引退後は岡山で新たなスタート! 子どもたちに経験伝えたい
     初めまして赤嶺真吾です。このたび、山陽新聞デジタルで連載コラムを書かせていただくことになりました。これまでの私の経験や感じたこと思ったことをこのコラムを通じて皆さまにお伝えできたらなと考えております。よろしくお願いします。    私にとって第1回目のコラムという...続きを見る
  • 美作津山 洋学散歩
    美作津山 洋学散歩 もっと見る
    津山洋学資料館の小島徹館長が美作地域のあちこちを訪ね、「身近な場所に、洋学関係のこんな史跡や文化財がありますよ」と肩肘張らずに紹介します。
  • 宇田川家三代墓所(泰安寺)
    宇田川家三代墓所(泰安寺)
     前回は、私のかつての職場の紹介でしたので、洋学関係の史跡紹介というコラム本来の趣旨に沿うものとしては、今回が初めてです。初回は、津山ゆかりの洋学者の中でも、とりわけ著名な宇田川家三代の墓所をご紹介します。 〇泰安寺にある墓所  宇田川家三代の墓所は、現在、津山...続きを見る
  • おかやまブラアルキ
    おかやまブラアルキ もっと見る
    元NHKディレクターの村上裕康さんが、日常に埋もれがちな街中の建物やモノに光を当て、その魅力を紹介します。
  • 岡山に残る全国最古の放送局(中)
    岡山に残る全国最古の放送局(中)
     前回この欄で、岡山には“全国最古”の放送局舎が残ることを書いた。その初代岡山放送局(岡山市北区赤坂台)が貴重なのは、歴史が古いからだけでなく、岡山の文化向上にも大きく寄与してきたからである。  1枚の写真がある。広い室内に3列に並んだ少年少女たち。時代を感じさせるお...続きを見る
  • 岡山よざんごと
    岡山よざんごと もっと見る
    岡山弁協会会長の青山融さんが、長年研究してきた岡山弁や金田一耕助、古墳、路上観察など岡山にまつわる「よざんごと」(どうでもいいこと)をつづります。
  • なぁ・でぇ・がぁ・てじゃ・なら 岡山弁の楽しい語尾いろいろ
    なぁ・でぇ・がぁ・てじゃ・なら 岡山弁の楽しい語尾いろいろ
     岡山弁が岡山弁らしく聞こえる要因のひとつに、さまざまな「語尾」があります。「今日も良い天気だね」というフレーズを岡山人なら老若男女を問わず「今日もええ天気じゃなぁ」と言いますが、共通語の語尾「~だね」は岡山弁の「~じゃなぁ」に置き換わります。断定の助動詞「~だ」が「~じゃ...続きを見る
  • 泌尿器科医の時節感当
    泌尿器科医の時節感当 もっと見る
    岡山大学大学院教授で、経営学の博士号を持つ渡辺豊彦さんが専門の「おしっこ」の話にとどまらず、病院経営やリーダーシップ論など時節を捉えた幅広い話題をつづります。
  • あなたの「お供」は何ですか? 「仕事に音楽」は集中力もアップ
    あなたの「お供」は何ですか? 「仕事に音楽」は集中力もアップ
     先日、夜寝る前にYouTubeを見ていると、お笑い芸人らが自分のお気に入りの「ご飯のお供」を紹介していた。「ご飯のお供」とは、それさえあれば食が進み、いくらでもご飯が食べられる“自分のお気に入りの品”のことだ。辛子明太子、鮭フレークなど定番モノから、ちょっと変わったご当地...続きを見る
  • 文学のさんぽみち
    文学のさんぽみち もっと見る
    海本友子さんは学校現場で郷土の文学に触れた経験を生かし、岡山ゆかりの文学者らの足跡に散らばる風景や文化を紹介します。
  • 映画「とんび」と重松清を追って(1) 岡山のロケ地を巡る
    映画「とんび」と重松清を追って(1) 岡山のロケ地を巡る
     岡山県出身の直木賞作家重松清氏の小説「とんび」が映画化され、そのロケの多くが岡山県内で行われたということで、話題である。撮影隊が近くで準備しているのに出くわしたとか、映画の中に見たことのある風景が出てきてびっくりしたとか…。このコラムのタイトルは「文学のさんぽみち」という...続きを見る
  • 岡山鉄道雑記
    岡山鉄道雑記 もっと見る
    自称「鉄チャン」で産業遺産学会理事や鉄道記念物評価選定委員を務める小西伸彦さんが、鉄道への思いを愛情たっぷりにつづります。
  • 大元鉄道
    大元鉄道
      <岡山県御津郡鹿田村ヨリ同郡今村ニ至ル軽便鉄道ヲ敷設シ旅客及貨物運輸ノ営業ヲ為(な)スコトヲ免許ス>  これは1912(大正元)年11月15日、内閣総理大臣・西園寺公望(さいおんじ・きんもち)が大元(おおもと)鉄道発起人・関新吾ほか35名に下付した免許状「監第1...続きを見る
  • 蜂谷秀人の写真雑記帳
    蜂谷秀人の写真雑記帳 もっと見る
    フリーランスカメラマンでファジアーノ岡山オフィシャルカメラマンの蜂谷秀人さんが、デジタル時代の撮影テクニックや写真のイロハを伝授します。
  • 映画で見るウクライナ周辺国の歴史 カット割りや構図も素晴らしい
    映画で見るウクライナ周辺国の歴史 カット割りや構図も素晴らしい
     ウクライナ情勢のニュースが毎日報道されるようになって何カ月もたちました。聞き慣れなかったウクライナの地名も、当たり前のように放送されています。遠い日本から何かできることといえば、ウクライナ募金に寄付することが代表的ですが、その国々の時代背景を知るのも大事だと考えます。間接...続きを見る
  • 岡山まちづくり探検
    岡山まちづくり探検 もっと見る
    岡山大地域総合研究センター(AGORA)准教授の岩淵泰さんが「地方創生」をテーマに、自治体の事例を交えて岡山の魅力を探ります。
  • 「備前福岡の市」復活の狙いは 「地育地食」が繋げる地域の輪
    「備前福岡の市」復活の狙いは 「地育地食」が繋げる地域の輪
     瀬戸内市長船町福岡では、「備前福岡の市」が開催されている。地域の歴史は、古くは奈良時代にさかのぼる。鎌倉時代には三斎市が並び、室町時代には常設の市に発展し、山陽道における最大級の商都として栄えたそうだ。  福岡の市といえば、鎌倉時代中期の絵巻である国宝「一遍聖絵(ひ...続きを見る
  • おかやま映画ノート
    おかやま映画ノート もっと見る
    岡山県フィルムコミッション協議会初の専任職員・妹尾真由子さんが映画などのロケハンや撮影シーンの裏話、作品を通じた岡山の魅力を独自の視点で切り取ります。
  • 映画『とんび』で岡山へGO
    映画『とんび』で岡山へGO
     2022年2月17日。東京都内で、4月8日に全国公開される映画『とんび』の出演キャスト及び瀬々敬久監督が登壇し、舞台あいさつが行われました。この映画は津山市出身の直木賞作家・重松清さんのベストセラー小説が原作です。舞台あいさつの様子はオンラインでも配信され、ご覧になられた...続きを見る
  • 多賀公人の人生のキーワード
    多賀公人の人生のキーワード もっと見る
    コミュニケーションコンサルタントでMBAを持つフリーアナウンサーの多賀公人さんが、放送局時代の体験を振り返りながら、中高年のキャリア形成や生き方についてつづります。
  • 人生の輝くシニアツアーのために 自分の居場所を見つけよう
    人生の輝くシニアツアーのために 自分の居場所を見つけよう
     今月、無事に59回目の誕生日を迎えることができました。写真は私が経営する会社のスタッフと、そこにインターンシップに来てくれている学生たちと撮影した誕生日会のものです。  来年はいよいよ60歳、還暦を迎えると考えるとなんとなく暗く、重いイメージを抱いてしまいます。気持...続きを見る
  • 地域派弁護士 南へ北へ
    地域派弁護士 南へ北へ もっと見る
    「弁護士」「公益財団法人代表理事」…さまざまな“顔”を持つ大山知康さんが、生活に役立つ法律情報や現行法の課題、被災者支援制度などを分かりやすく伝えます。
  • 子どもの利益のための親権 子育て六法その1
    子どもの利益のための親権 子育て六法その1
     「こども六法」(山崎聡一郎著・弘文堂刊)という本を皆さんご存じでしょうか。子どもにとって触れる機会が少ない法律を子どもが楽しく興味をもちながら学べるベストセラー本です。私の家にもこの本やこの本の内容をすごろくにしたものもあります。  私には、もうすぐ2歳になる娘がい...続きを見る
  • 瀬戸内釣り日誌
    瀬戸内釣り日誌 もっと見る
    週末ごとに瀬戸内海周辺で釣行を楽しむ釣り愛好クラブ「愛潮」メンバー・兼松朋弘さんと河原継弘さんらの釣果報告です。
  • 牛窓周辺は「乗っ込み最盛期」 チヌ釣り大会で親睦も深める
    牛窓周辺は「乗っ込み最盛期」 チヌ釣り大会で親睦も深める
     ゴールデンウイーク中の1日、「GFG中国本部チヌ釣り親睦大会」に参加しました。瀬戸内市・牛窓を出船し、日生と小豆島方面に向かいますが、受付時の抽選で行先が決まります。私は小豆島方面でした。大会ルールの説明の後、クジの順番で船へ乗り込みました。船では各選手がソーシャル・ディ...続きを見る
  • 日本酒とわずがたり
    日本酒とわずがたり もっと見る
    日本酒ライターの市田真紀さんが愛飲家には更に奥深い世界を、日本酒になじみのない方にも“飲むだけではない魅力”を紹介します。
  • 水が変われば酒質も変わる!? 真庭2蔵元の”挑戦酒”を飲む
    水が変われば酒質も変わる!? 真庭2蔵元の”挑戦酒”を飲む
     「軟水と硬水。互いの水を交換して酒を仕込んだら、どんな酒質になるだろう」。日本酒の造り手が抱いたこんな疑問から、ある興味深いプロジェクトが立ち上がった。  岡山県真庭市の企業7社によって2012年に結成された「まにわ発酵‘s(はっこうず)」は、酒類やみそ、しょうゆ、...続きを見る

あなたにおすすめ

ページトップへ