山陽新聞デジタル|さんデジ

コラム

  • 滴一滴
    滴一滴 もっと見る
    山陽新聞朝刊一面に掲載しているコラム。国内外の重大ニュースから身近な話題までの幅広いテーマから、社会の“今”を切り取ります。
  • 「私には夢がある」というあの演…
     「私には夢がある」というあの演説を意識したのだろうか。「誰にもアメリカン・ドリームの機会はある」。米国の公民権運動の指導者キング牧師も出た大学の卒業式でこの春、資産家がそうスピーチした。外電が以前伝えていた▼約400人の卒業生全ての学生ローンを肩代わりする申し出である。会...続きを見る
  • 社説
    社説 もっと見る
    国内外の注目ニュースの背景事情や課題について詳しく解説するとともに、山陽新聞社としての主張や考え方を述べています。
  • 人口減少社会 「地方の未来」描く議論を
     参院選が終盤に入った。人口減少に向き合い、持続可能な地域社会をどう形成していくかは大きな焦点のはずである。だが、各党とも訴えは新味に乏しく、道筋が見えているとは言い難い。  東京一極集中の是正などを柱に、安倍晋三首相が「元気で豊かな地方の創生」を掲げたのは2014年...続きを見る
  • 地域派弁護士 南へ北へ
    地域派弁護士 南へ北へ もっと見る
    「弁護士」「公益財団法人代表理事」…さまざまな“顔”を持つ大山知康さんが、生活に役立つ法律情報や現行法の課題、被災者支援制度などを分かりやすく伝えます。
  • 自然災害債務整理ガイドライン 二重ローン問題の解決に向けて
    自然災害債務整理ガイドライン 二重ローン問題の解決に向けて
     平成30年7月豪雨から1年が経過しました。先日は災害支援ネットワークおかやま支援1年合同報告会が開催され、支援活動を行っているNPO団体ボランティア団体による発表がありました。報告会を通じて1年間の支援活動の成果や活動を通して見えてきた課題を知ることができ、支援団体の被災...続きを見る
  • 岡山発 夫婦で世界一周!
    岡山発 夫婦で世界一周! もっと見る
    1年5カ月にわたる世界旅行での出会いや発見、各国の暮らしなどを、ともに岡山県出身の武田悠佑さん、小倉恵美さん夫妻が紹介します。世界各地で撮影した写真も必見。
  • 外国人観光客誘致に大切なことは まず勇気を出して話し掛けよう
    外国人観光客誘致に大切なことは まず勇気を出して話し掛けよう
     世界一周中に「日本に行ったことがあるよ」という現地の方に出会うことも少なくはありませんでした。その中で印象に残っているのが「日本って、人と接しなくても観光できちゃうんだよね」という言葉です。  「日本人は英語を話すのが得意ではない」のは、日本を旅行した外国人にとって...続きを見る
  • 多賀公人の人生のキーワード
    多賀公人の人生のキーワード もっと見る
    コミュニケーションコンサルタントでMBAを持つフリーアナウンサーの多賀公人さんが、放送局時代の体験を振り返りながら、中高年のキャリア形成や生き方についてつづります。
  • 「ジョハリの窓」って知ってる? まだ閉じている心の窓があるかも
    「ジョハリの窓」って知ってる? まだ閉じている心の窓があるかも
     「ジョハリの窓」という言葉を聞いたことはありますか? 心理学ではよく使われるフレームワークの一つで、客観的に自分を見つめ直したり、他人が自分をどう思っているのか、そこにはギャップはあるのか、などを「見える化」する考え方です。社員研修やコミュニケーション研修などでも利用され...続きを見る
  • 英田上山棚田団通信
    英田上山棚田団通信 もっと見る
    美作市上山地区で中山間地域の活性化策を模索するNPO法人上山棚田団。理事を務める梅谷真慈さんらが、日々の活動を中心にした現地リポートをお届けします。
  • みんなの孫プロジェクト 仕事でつながる高齢者と若者たち
    みんなの孫プロジェクト 仕事でつながる高齢者と若者たち
     中山間地域の問題は高齢者の暮らしに直結しています。家の周囲の整備や農作業、墓掃除など、体力や技能を必要とすることが多くあります。私たちが住む美作市上山地区では「みんなの孫プロジェクト」を2013年から始めました。「孫」ぐらいの年齢になる私たち若者が、地域に住むおじいちゃん...続きを見る
  • 瀬戸内釣り日誌
    瀬戸内釣り日誌 もっと見る
    週末ごとに瀬戸内海周辺で釣行を楽しむ釣り愛好クラブ「愛潮」メンバー・兼松朋弘さんと河原継弘さんらの釣果報告です。
  • 思い通りにならないのが魚釣り 大型マダイ狙って小豆島沖へ
    思い通りにならないのが魚釣り 大型マダイ狙って小豆島沖へ
     例年なら梅雨に入っている時季なのに今年はまだ! このような異常気象が続いて昨年のような集中豪雨の再来だけは避けてもらいたいものです。 ラインで釣果に差  前回、マキエの作り方を紹介しました。今回はライン(糸)の選び方のワンポイントアドバイスです。釣りはハリスと...続きを見る
  • 岡山鉄道雑記
    岡山鉄道雑記 もっと見る
    自称「鉄チャン」で産業考古学会理事や鉄道記念物評価選定委員を務める小西伸彦さんが、鉄道への思いを愛情たっぷりにつづります。
  • 神目駅
    神目駅
     津山線福渡・弓削間に駅ができたのは1928(昭和3)年12月だった。開業日となった16日の山陽新報には「中鐡福渡、弓削間に神目驛を新設 愈(いよい)よけふから營業開始 地元では盛大な祝賀式」という記事が載っている。中国鉄道の開業から30年の間、神目の人々に鉄道の恩恵はなか...続きを見る
  • エンジョイ!ウーマン
    エンジョイ!ウーマン もっと見る
    女性を取り巻くさまざまな問題を通して、支援の在り方や夫婦のつながり方はどうあるべきかなどを考察します。執筆は、臨床心理士で岡山県立大客員准教授の小畑千晴さん。
  • 会話抑制がハラスメント対策?
    会話抑制がハラスメント対策?
     職場でのいじめや嫌がらせは、ハラスメント。家庭内で同様の行為をすると虐待、DVとなるのでしょうか。いずれにせよ、相手の立場や気持ちを配慮せず、不快な言動をし続ける行為は法律以前に皆が考えなければならない問題だといえるでしょう。  先日、企業にパワハラ防止策を義務づけ...続きを見る
  • 岡山まちづくり探検
    岡山まちづくり探検 もっと見る
    岡山大地域総合研究センター(AGORA)助教の岩淵泰さんが「地方創生」をテーマに、自治体の事例を交えて岡山の魅力を探ります。
  • 大原総一郎の講演テープ(上) 地域から世界平和を目指す
    大原総一郎の講演テープ(上) 地域から世界平和を目指す
     「ただいまご紹介にあずかりました大原総一郎でございます」  大原総一郎(1909~1968)の声を初めて聴いた。話し方はゆっくりと誠実に、格調の高さが感じられた。  倉敷のまちづくりと言って思い出されるのは、美観地区の景観保全、そして、大原美術館に代表されるま...続きを見る
ページトップへ