山陽新聞デジタル|さんデジ

瀬戸内国際芸術祭2019

岡山、香川の島々を舞台に繰り広げられる現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2019」の魅力を幅広く紹介。
岡山方面からの来訪者のための情報やニュースをお届けします。

瀬戸内国際芸術祭

瀬戸内国際芸術祭 イベント

  • 海と森の守りびと
    海と森の守りびと
    宇野港
    2019年5月26日
    東京を拠点に海外でも活動する劇団「世田谷シルク」と子供たちによる妖怪行脚。「万物に神が宿る」という考え方より、自然のものや海岸の漂流物、路上のごみなど、あちこちに落ちている神様たちを拾...⇒続きを見る
  • 「舞」讃岐の伝統 ~新たな時代へ~
    「舞」讃岐の伝統 ~新たな時代へ~
    高松港大型テント広場
    2019年5月26日
    さぬきの獅子舞は全国的に貴重な約1200組もの獅子舞を継承している。さぬきの風土が生んだ獅子舞が島々や港に現れて来場者をもてなす。26日の春会期最終日には、特徴的な獅子組がテント広場に...⇒続きを見る
  • 瀬戸内国際芸術祭2019【春会期】
    瀬戸内国際芸術祭2019【春会期】
    宇野港ほか
    2019年4月26日~2019年5月26日
    岡山、香川両県の12の島と2港を現代アートで彩る。宇野港の「宇野のチヌ」などリニューアルされた常設作品もあるが、半数近くが新作を展示する。春(26日~5月26日)、夏(7月19日~8月...⇒続きを見る
ページトップへ