山陽新聞デジタル|さんデジ

観光スポット検索結果 23件

  • ジャンル:「歴史的建造物」
  • 地域:「全エリア」
  • 勝央町下山本陣
    勝央町下山本陣
    出雲街道勝間田宿場には諸藩の参勤交代に当って、大名や供の者が泊った旅舎である本陣が2つあった。 津山藩主が専用としていた下山本陣と、松江,勝山の藩主などが宿泊した木村本陣(出雲本陣)があった。 ...
    ⇒続きを見る
  • 宮本武蔵生家跡
    宮本武蔵生家跡
    武蔵は天正12年(1584年)生まれ。父・平田無二(無二斎)、祖父を平田将監といい、両人とも十手術の達人という武術家の家に生まれ育ちました。生家はもともと、約60m四方の大きな構(かまえ)の中に...
    ⇒続きを見る
  • 旧遷喬尋常小学校
    旧遷喬尋常小学校
    明治40年落成の小学校。洋風を模した重厚な木造建築で、平成11年5月に国の重要文化財に指定されました。 最近は映画等のロケ地としてもよく使用されています。 [特徴]明治40年建築の木造校舎は、完...
    ⇒続きを見る
  • 津山城(鶴山公園)
    津山城(鶴山公園)
    津山藩・森忠政が12年の歳月をかけて1616年に完成させた平山城。明治6年の廃城でもすべて取り壊されたが、2005年に城内最大規模の櫓で内部は畳敷きの御殿様式の特徴を持つ『備中櫓』を再現させた。...
    ⇒続きを見る
  • 津山高校本館
    津山高校本館
    本館は、明治33年に建設。 屋根部分は寄せ棟造りで、桟瓦ぶき、正面中央にある台形の塔屋にある時計台が印象的で、カーブを描く窓も異国情緒を醸し出す。 イタリア・ルネサンス様式を取り入れた外観は、当...
    ⇒続きを見る
  • 旧矢掛本陣石井家住宅
    旧矢掛本陣石井家住宅
     現存する本陣の建物は江戸時代中期に建てられた裏門・西蔵・酒蔵などを除き、本陣施設としての御成門・玄関・御座敷をはじめ主屋の主要建物は江戸時代後期(天保年間?安政年間)にかけて再建されたものです...
    ⇒続きを見る
  • 仁科芳雄博士生家
    仁科芳雄博士生家
    日本原子物理学の先駆者として知られる仁科芳雄博士の生家を修理修復し一般公開している。 [特徴]老木,白土壁に囲まれた風格ある佇いから、仁科芳雄博士が少年時代を過ごした在りし日を偲ぶことができる。
    ⇒続きを見る
  • かもがた町家公園(伝承館、交流館,ふれあいの館、郷土の館)
    かもがた町家公園(伝承館、交流館,ふれあいの館、郷土の館)
    江戸時代の岡山藩と鴨方支藩を結ぶ官道「旧鴨方往来」沿いに、 2棟の町家や倉、井戸などを修復し、伝統植物園や芝生広場などを あわせもつ歴史的景観を残す憩いの公園。 [特徴]公園の中核となる町家「旧...
    ⇒続きを見る
  • 阿藤伯海記念公園
    阿藤伯海記念公園
    昭和の偉大な漢詩人阿藤伯海を顕彰する公園で,生家を修復した阿藤伯海旧居を中心に,絶筆の詩碑等を有する記念広場や,広く展望の開けた梅園,流芳の丘を整備している。
    ⇒続きを見る
  • 方谷庵
    方谷庵
    [特徴]備中聖人山田方谷は,明治3年(1870)10月66歳時に小阪部に移寓した。母の実家西谷家の墓地がある金剛寺の境内に茶屋風の小庵継志祠堂(方谷庵)を明治5年11月に建て,外祖父母の霊を祀...
    ⇒続きを見る
  • 吹屋銅山笹畝坑道
    吹屋銅山笹畝坑道
    この坑道は江戸時代から大正時代まで採掘されていたもので、主に黄銅鉱、硫化鉄鉱を産出していました。昭和53年に復元され、坑内を見学できるようになっています。冒険心をそそる神秘的な坑内は、年中15度...
    ⇒続きを見る
  • 広兼邸
    広兼邸
    享和、文化の頃(1800年ごろ)小泉銅山とローハ(硫酸鉄)の製造を営み、巨大な富を築いた大野呂の庄屋・広兼氏の邸宅。江戸末期に建てられた、楼門づくりで城郭にも劣らない堂々たる石垣は、今もそのまま...
    ⇒続きを見る
  • 西江邸
    西江邸
    西江家は江戸時代、幕領における惣代庄屋で、代官御用所を兼ねた館である。自主的行政機構として吹屋地区の「民の暮らし」を統括。郷蔵・駅馬舎・手習い場・お白洲・役宅などが現在もそのまま保存されている。...
    ⇒続きを見る
  • 旧片山家住宅
    旧片山家住宅
    旧片山家住宅は1759年の創業以来200年余にわたって弁柄の製造・販売を手がけてきた。現在でも弁柄が栄えた江戸時代末から明治時代の屋敷構えを残しており,吹屋の町並景観で欠くことのできない存在とな...
    ⇒続きを見る
  • まきび公園
    まきび公園
    [特徴]昭和61年5月、中国西安市に真備町出身の吉備真備の記念碑が建立された。これを記念して郷土の偉人を顕彰し後世に伝えるため、開園された。中国にいるような雰囲気で,全国でも珍しい。公園内には...
    ⇒続きを見る
  • 旧野﨑家住宅
    旧野﨑家住宅
    江戸後期に製塩業で財を成した野﨑武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した屋敷。約3000坪の敷地には、枯山水の庭園、約42mの奥行きがある主屋、表書院、土蔵、茶室、水琴窟があり,国指定重要文...
    ⇒続きを見る
  • 重要文化財 大橋家住宅
    重要文化財 大橋家住宅
    大橋家は倉敷町屋の典型を示す代表的な建物で「国の重要文化財」となっております。 先祖は豊臣氏に仕えた武士で大坂落城の後、現倉敷市中島を経て、宝永2年(1705)にこの倉敷に移り住み、水田や塩田開...
    ⇒続きを見る
  • 備中松山城
    備中松山城
    天守が残る日本で唯一の山城。現存12天守のひとつとして有名。 相模国から備中国有漢郷へ入国して来た地頭・秋庭三郎重信が臥牛山の最高所・大松山に鎌倉時代の延応2年(1240)に築城したのが最初。 ...
    ⇒続きを見る
  • 真鍋中学校
    真鍋島の高台にある中学校で、校舎は昭和24年建設の木造。 今も生徒の声が響いている。 わざわざ中学校を訪れに来る観光客も多い。 [特徴]映画「瀬戸内少年野球団」(昭和59年)のロケ地に使われた。
    ⇒続きを見る
  • 脇本陣木代邸
    脇本陣・木代邸は出雲往来の宿場として栄えた新庄宿で脇本陣をつとめた家です。 屋号は「向馬場屋」と称し、江戸時代の終わり頃に建てられた幕末を代表する建物で、三列六間取りの大規模家屋です。 入口の柱...
    ⇒続きを見る
ページトップへ