山陽新聞デジタル|さんデジ

第68回日本伝統工芸展岡山展

トップ作家らの優品が並んだ日本伝統工芸展岡山展の会場
トップ作家らの優品が並んだ日本伝統工芸展岡山展の会場

開催期間
2021年11月18日〜2021年12月12日
午前9時~午後5時(27日は同7時)

陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門に計1240点の応募があり、559点が入選。岡山展では、日本工芸会総裁賞など入賞16点、重要無形文化財保持者(人間国宝)の45点を含む計251点を展観する。うち12点は岡山県内からの入選作。新型コロナウイルスの影響で展示会が中止となった今年の「第64回日本伝統工芸中国展」と、昨年の「第63回日本伝統工芸中国支部展」の入賞作31点も特別展示する。11月20日午後1時半から本展鑑査委員で小石原焼の人間国宝・福島善三さんと備前焼作家隠崎隆一さんによる作品解説会があるほか、20日午前11時からと23、27、28日、12月4、5日の午後1時半から地元作家らのトークもある。29日、12月6日休館。

詳細情報

場所 岡山県立美術館
住所 岡山市北区天神町
問い合わせ 岡山県立美術館
TEL 086-225-4800
WEB ⇒ホームページを見る
料金 一般700円、65歳以上500円、大学生400円(高校生以下は無料)

マップ

他にもこんなイベント

TOP