山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山芸術交流の前売り券販売開始 9月30日~11月27日に開催

販売が始まった前売り券。会期中に鑑賞券と引き換える
販売が始まった前売り券。会期中に鑑賞券と引き換える
 岡山市中心部で9月30日~11月27日に開かれる現代アートの国際展「岡山芸術交流2022」の会期中に、鑑賞券と引き換える前売り券の販売が1日始まった。居住地や年齢にかかわらず一律千円とする。

 公式サイトのほか、岡山県内の主要プレイガイドやコンビニで9月29日まで販売する。ブルーグレーを基調とし、黒字でタイトルや会期、PR用ロゴをデザインしている。

 旧内山下小やオリエント美術館といった会場で、全ての有料会場に入場可能な鑑賞券に引き換える。岡山城などの屋外展示は無料で鑑賞できる。当日券は県民1500円、一般1800円、65歳以上1300円、学生千円など。高校生以下は無料。

 岡山芸術交流は岡山市、県、石川文化振興財団などでつくる実行委員会が3年に1度開催。今回は国内外の25組が出品を予定する。

 問い合わせは業務委託先の日本旅行岡山支店(086―225―2040)。

(2022年08月01日 17時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ