山陽新聞デジタル|さんデジ

北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦

  • 葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 1831~33年ごろ 6月14日~7月7日展示

    葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 1831~33年ごろ 6月14日~7月7日展示

  • ▼開催期間
    2024年6月7日〜2024年7月7日
    午前9時~午後5時(初日は午前10時開場。6月29日は午後7時閉館)

    日本を代表する風景画の巨匠、葛飾北斎と歌川広重。7月発行の新千円札に採用される「神奈川沖浪裏」が有名な「冨嶽三十六景」全46点や「北斎漫画」など北斎の代表作、「東海道五拾三次之内」「名所江戸百景」といった広重の名作など、江戸東京博物館が所蔵する213件を展覧し、二人の絵師の挑戦に迫ります。

    詳細情報

    場所 岡山県立美術館
    住所 岡山市北区天神町
    WEB ⇒ホームページを見る
    料金 前売り券=一般1300円、ペア2400円(一般2枚、1人で2回の利用も可)。5月1日~6月6日販売。当日券=一般1500円、65歳以上1400円、大学生1100円。高校生以下無料

他にもこんなイベント

  •  第58回日本伝統工芸染織展
    第58回日本伝統工芸染織展
    天満屋岡山店6階葦川会館
    2024年5月15日~2024年5月20日
    わが国には各地の生活に深く根ざした友禅、絞り、江戸小紋といった染め、越後上布、結城紬(つむぎ)、芭蕉布などの織りが受け継がれている。染織技術の保護・育成のため、公益社団法人日本工芸会の...⇒続きを見る
  • 深堀隆介展~水面のゆらぎの中へ~
    深堀隆介展~水面のゆらぎの中へ~
    岡山シティミュージアム
    2024年4月5日~2024年5月26日
    まるで泳いでいるかのような美しい金魚を描き出す美術作家・深堀隆介。透明樹脂にアクリル絵の具を重ねる独自の超絶技巧で、国内外から高い評価を得ている。本展では、深堀の代表作「金魚酒」シリー...⇒続きを見る

周辺の観光スポット

岡山県立美術館
岡山県立美術館
郷土にゆかりあるすぐれた美術品を収集・展示するとともに、内外の芸...
(歴史・文化/岡山市)
岡山県天神山文化プラザ
岡山県天神山文化プラザ
1962年6月、図書館を核とした「岡山県総合文化センター」として...
(その他学ぶ・遊ぶ/岡山市)
岡山県天神山文化プラザ
ホールをはじめ、大小様々な展示室や美術・音楽などジャンルに合せて...
(歴史・文化/岡山市)
岡山神社
岡山神社
860年の創建。岡山城本丸の地にあった。1573年、岡山城に入城...
(その他学ぶ・遊ぶ/岡山市)

あなたにおすすめ

ページトップへ