山陽新聞デジタル|さんデジ

神社

徳守神社(とくもりじんじゃ)

現在の社殿は二代藩主・森長継公が改築したもの。1872(明治5)年に県社に列せられた
現在の社殿は二代藩主・森長継公が改築したもの。1872(明治5)年に県社に列せられた
徳守神社(とくもりじんじゃ)
拝観が可能な大神輿
拝観が可能な大神輿
徳守大祭の発砲演武
徳守大祭の発砲演武
津山藩主・森忠政公が造営した津山城下の総鎮守

 733(天平5)年、現在の津山市小田中に創建。1604(慶長9)年に美作津山藩の初代藩主・森忠政公(森蘭丸の弟)が津山城を築くにあたり、現在の地に遷宮して津山城下の総鎮守とした。社殿は県の重要文化財に指定されている。

 夏越祭をはじめとする神賑行事が盛んであり、秋季大祭「徳守大祭」では総勢200人もの担ぎ手が大神輿とともに町を巡り歩く。ほかにも火縄銃を用いた発砲演武や、時代絵巻風の奉納演芸などもあり、見どころの多い祭りとなっている。

ご案内

住所/〒708-0047 津山市宮脇町5
TEL/0868-22-9532
交通/中国自動車道・院庄ICから車で15分。JR姫新線・津山駅から車で5分
HPアドレス/https://www.tokumori.or.jp/
ご祭神/天照皇大神、国常立尊、伊弉諾尊、月読尊、誉田別尊
創建/733(天平5)年
ご利益等/開運厄除、健康、子供守護、安産、厄災消除、交通安全、家庭円満、金運成就、商売繁盛、良縁成就
代表的宝物/鉄盾

年間行事

1月1日/歳旦祭
1月14・15日/とんど
2月3日/節分祭
4月23日/祈念祭、崇敬会大祭
7月22日/夏越祭宵祭万燈籠
7月23日/夏越祭本祭
10月第4日曜日/徳守大祭(秋季大祭)
11月24日/新嘗祭

【ここも! 見どころ発見】

鉄盾

 大坂夏の陣で用いられた鉄盾。激しい銃撃痕を残す鉄盾は、江戸時代前期に鉄製の盾が使われていたという史実と、当時の火縄銃の威力を今に伝える歴史的価値の高さが注目されている。本殿には現存する鉄盾のレプリカが奉納されている。

(2019年06月21日 05時15分 更新)

ページトップへ