山陽新聞デジタル|さんデジ

豪雨被害の家屋「公費解体」本格化へ 真備の被災者「新たな気持ちで前へ」

 西日本豪雨の発生から5カ月。被災した家屋を自治体が住民に代わって解体撤去する「公費解体」の工事は、...
この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

(2018年12月13日 06時20分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ