山陽新聞デジタル|さんデジ

銘金山 金山寺(めいきんさん きんざんじ)

境内には三重塔、本堂、山門が南北に高低差を持って配され、厳かな山上伽藍(がらん)を構成している
境内には三重塔、本堂、山門が南北に高低差を持って配され、厳かな山上伽藍(がらん)を構成している
銘金山 金山寺(めいきんさん きんざんじ)
コロナ疫病除角大師(つのだいし)
コロナ疫病除角大師(つのだいし)
泉水庭園
泉水庭園
拝観者には桑茶の接待を行っている
拝観者には桑茶の接待を行っている
厳かな客殿内仏殿での祈祷も受けられる(要予約)
厳かな客殿内仏殿での祈祷も受けられる(要予約)
逆遠近法という技法で描かれた「動く襖絵」
逆遠近法という技法で描かれた「動く襖絵」
絵付け体験1,700円
絵付け体験1,700円
栄西、宇喜多直家とゆかりある天台宗の古刹<歴史>歴史深い山上伽藍 疫病退散の名僧を祀る 岡山市の北に位置する天台宗の古刹。寺に伝わる『金山観音寺縁起』によると、孝謙天皇の勅命によって報恩大師が749(天平勝宝元)年に開いたとされる。後に備前四十八カ寺の本寺となった。1177~1181年(治承年間)には、栄西が天台密教葉上流の灌頂を行った。1501( 文亀元)年には、日蓮宗への改宗を拒否したために金川城主による焼き討ちにあう。その後の復興は、岡山城主・宇喜多直家の援助によってなされた。復興後は、備前国寺社総管の地位を築き、領内寺社へ3000石の分配権を有した。 鎌倉期の1304(嘉元2)年から、疫病退散の逸話で知られる名僧・元三大師を祀っている。元三大師は平安の昔、鬼の姿に化して疫病神を封じ込めたという伝説から、別名「角大師」とも呼ばれる。同寺では、近年のコロナ禍に際し、疫病を退けるクチナシ色と、健康を守る赤色で刷り写した特別御札「コロナ疫病除角大師」を制作。社会貢献として無料配布を実施している。<見どころ>歴史ある客殿の拝観事業を開始 2021(令和3)年7月より、長らく非公開だった客殿の拝観事業が開始された(大人500円/子ども300円)。客殿には貴重な襖絵が保管されており、書院や内仏殿なども拝観することができる。 金山寺は招き猫美術館との共同事業も実施しており、同美術館とコラボレートした授与物が人気を集めている。西陣織の表紙に両手を上げた招き猫が刺繍されたオリジナルの御朱印帳や、ぷっくりした形が愛らしいお守りなど、どれも可愛く縁起が良さそう。それぞれカラーバリエーションも豊富で、見ているだけでも楽しくなる。授与物は、金山寺の受付と、招き猫美術館内のミュージアムショップにて販売されている。 招き猫美術館は1994(平成6)年に開館。古今東西の招き猫がおよそ800体展示されている、世界的にも珍しい美術館だ。同美術館と金山寺は以前から交流があり、2012(平成24)年の本堂焼失を受けて同寺の復興に協力。授与物の売り上げは、すべて再興のための積立金に回されている。金山寺に立ち寄った際は、あわせて美術館に訪れてみるのもおすすめだ。ご案内住所/〒701-2151 岡山市北区金山寺481TEL/086-228-0926HPアドレス/http://www.kinzanji.net/交通/山陽自動車道・岡山ICから車で20分。JR津山線・玉柏駅から車で10分。JR岡山駅から車で20分宗派/天台宗ご本尊/千手観音祈祷本尊/元三大師ご利益等/家内安全、厄除、開運、疫病除代表的寺宝/金山寺文書(国指定重要文化財)、護摩堂、三重塔、五鈷杵・五鈷鈴(県指定重要文化財)、仁王門(県指定重要文化財)御朱印/受付10時~16時30分、拝観受付まで※不在時は紙朱印を用意招き猫美術館岡山市北区金山寺865-1(金山寺より車で2分)TEL/086-228-3301開館時間/10:00~17:00(入館は16:30まで)休館日/水曜日(祝日・お盆・年末年始は無休)入館料/一般600円、小・中学生300円※授与物のみの販売も可能年間行事毎月第3日曜日/写経会各甲子の日/甲子大黒天縁日写経会1月1~3日/初詣護摩1月、5月、9月の28日/正五九護摩2月第1土曜日/金山寺会陽
【ここも見どころ!】やだねの霊泉 山門の脇から湧き出る霊水。豊富な湧出量を誇り、会陽でのご祈祷や、日々の祭事に使用されている。また参拝者向けにも、祐気取りやお水取り用として自由に使えるよう開放している。参拝の際はぜひ寄ってみてはいかがだろうか。

(2021年10月06日 05時15分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ