山陽新聞デジタル|さんデジ

倉敷七福神 毘沙門天本山 安養寺(くらしきしちふくじん びしゃもんてんほんざん あんようじ)

101段の石段を上ると現れる安養寺山門。その奥は毘沙門堂
101段の石段を上ると現れる安養寺山門。その奥は毘沙門堂
倉敷七福神 毘沙門天本山 安養寺(くらしきしちふくじん びしゃもんてんほんざん あんようじ)
高さ約26メートルもある多宝塔
高さ約26メートルもある多宝塔
大毘沙門天王鎮座
大毘沙門天王鎮座
緑豊かな備中福山の山懐、季節の花々を愛でる寺 開山は奈良時代末期。かつて備中福山には「朝原千坊」と呼ばれる仏教聖地があり、安養寺はその本坊として栄えたと伝えられる。南北朝の動乱期の福山合戦により、それらはほぼ焼き払われるが安養寺は難を逃れ、江戸時代には現在の場所に移った。伝説によれば、備中福山は不老不死の妙薬を探索した徐福ゆかりの地として毘沙門天信仰があつく、その縁で安養寺は毘沙門天を祀っている。近年では花の寺としても知られ、四季折々の美しい花が楽しめる。ご案内〒710-0007住所/倉敷市浅原1573TEL/086-422-1110交通/山陽自動車道・倉敷ICから車で5分。JR山陽本線・倉敷駅から車で15分宗派/高野山真言宗ご本尊/兜跋毘沙門天王開山/782(延暦元)年ご利益等/開運、厄払い代表的寺宝/兜跋毘沙門天王立像(平安時代、国指定重要文化財)、吉祥天女立像(平安時代、国指定重要文化財)、安養寺裏山経塚出土品(平安時代、国指定重要文化財)、金銅如来立像(白鳳時代)、毘沙門天立像(40体、平安時代) ほか年間行事1月1~3日/初詣1月最終の寅の日/寅詣祭4月1~8日/先祖供養・甘茶祭11月3日/毘沙門さまの秋祭【ここも! 見どころ発見】成願堂 安養寺の成願堂には旧国宝・国指定重要文化財の兜跋毘沙門天像を含む35体もの像が祀られている。父神毘沙門天王、母神吉祥天女、その子善尼師童子の3体が揃って祀られているのは日本で安養寺だけだとか。なお、お堂の中での撮影は禁止なのでご注意を。

(2019年06月21日 08時30分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ