山陽新聞デジタル|さんデジ

吉井山 成福寺(よしいざん じょうふくじ)

観音堂に安置される十一面観世音菩薩と三十三観世音菩薩
観音堂に安置される十一面観世音菩薩と三十三観世音菩薩
吉井山 成福寺(よしいざん じょうふくじ)
観音堂。内陣拝観可能(要予約)
観音堂。内陣拝観可能(要予約)
お盆迎え火万燈供養会
お盆迎え火万燈供養会
菅原道真公ゆかりの寺、奈良時代開基の観音の里 成福寺は739(天平11)年に、奈良時代の名僧・行基が自ら刻んだ観世音菩薩像を安置し、開基したと伝えられる。 901(延喜元)年、菅原道真公が太宰府に左遷される旅の途中、兵庫県高砂市曽根の地において自らの姿を木像に刻み、空高く投げたところ、道真公の守り本尊・十一面観世音菩薩像が法華山一乗寺から飛び立ち、2つの像が光り輝きながら同寺近くの地へ降りたという。その観世音菩薩像を寺の観音堂に安置したという伝説から、道真公ゆかりの寺としてあつく崇敬されている。ご案内住所/〒714-2111 井原市芳井町吉井2356TEL/0866-72-0106HPアドレス/https://joufukuji.net/交通/山陽自動車道・笠岡ICから車で25分。井原鉄道井原線・井原駅から車で15分宗派/高野山真言宗ご本尊/十一面観世音菩薩、大聖不動明王開山/739(天平11)年ご利益等/学業成就、受験祈願、諸願成就代表的寺宝/不動明王立像(県指定重要文化財)〈秘仏〉御朱印/受付9時~17時、玄関まで 300円※不在時は紙朱印を用意年間行事毎月第2土曜日/法話会毎月第2・4月曜日/ご詠歌教室毎月第3日曜日/写経会毎週日曜日/阿字観(座禅)5月第3日曜日/観音法要8月13日/お盆迎え火万燈供養会12月第1土曜日/護摩祈祷法要12月31日/除夜の鐘【 ここも! 見とかれぇ】城壁のような石垣 境内は見上げるような高さの石垣で囲まれ、遠く離れた位置からでもその存在を確認できる。今から約160年前の文久~慶応年間に空積み(接合材・充填材を使わない工法)によって築かれたもので、その全長は約120メートルにも及ぶ。

(2020年10月02日 07時50分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ