山陽新聞デジタル|さんデジ

高梁市成羽美術館 (たかはししなりわびじゅつかん)

観光スポット
  • 高梁市成羽美術館

    高梁市成羽美術館

  • 高梁市成羽美術館は、郷土出身の洋画家 児島虎次郎の遺徳を顕彰するとともに市民に親しまれる美術館を目的に、1953年開館しました。現在の美術館は1994年、3代目として現在地に新築開館しました。
    この美術館は、建築家安藤忠雄氏の設計による、地下一階地上二階のコンクリート打ち放しの建物で、展示室のほかに流水の庭、レクチャールーム、喫茶室を備えています。
    [特徴]児島虎次郎の遺作絵画を中心に展示しています。
    また児島が収集した古代エジプトなどの古美術品を展示するオリエント展示室、日本最古の成羽産植物化石などを展示する化石展示室も備えています。
    年1回特別展を行う他、特異な空間を生かし、若手現代作家を個展形式で紹介する「アート・ビジョン」シリーズや、オリエント資料交換展など,特色を生かした企画展を行っています。
    [種類]総合美術館

    (提供:岡山県観光連盟)

    お店・施設情報

    住所 岡山県高梁市成羽町下原1068-3
    問い合わせ 0866-42-4455
    WEB ⇒ホームページを見る
    料金 大人500円
    高・大学生300円
    小・中学生200円
    (特別展料金は別)
    [団体](20人以上)
    大人400円
    高・大学生240円
    小・中学生160円
    (特別展料金は別)
    営業時間 9:30~17:00(入館は16:30まで)
    定休日 毎週月曜日(祝日の時は翌日)
    年末年始(12月28日?1月4日 ※変更する場合があります)
    展示替期間(不定期)
    アクセス JR伯備線備中高梁駅/車15分、または成羽方面行きバス20分/成羽下車徒歩すぐ
    岡山自動車道賀陽IC/車40分
    駐車場 有り


周辺のイベント

没後90年記念 児島虎次郎 もうひとつの眼
没後90年記念 児島虎次郎 もうひとつの眼
高梁市成羽美術館
(高梁市)

あなたにおすすめ

ページトップへ