山陽新聞デジタル|さんデジ

タペストリー展「いのちを抱く~地より来て地に還るもの」

  • 新作「いのちを抱く~地より来て地に還るもの」(中央)などが並ぶ会場

    新作「いのちを抱く~地より来て地に還るもの」(中央)などが並ぶ会場

  • ▼開催期間
    2022年7月1日〜2022年9月30日
    午前9時半~午後5時

    染織家・むらかみよしこさんの作品展。2020年2月に急逝した四男で、縄文造形作家・村上原野さん(享年32歳)の遺作をモチーフにした新作など27点を展示する。作品展と同名の新作は縦2・65メートル、横2・5メートルで、生と死、再生をテーマにし、1年がかりで制作。エゾシカを題材に同様の世界観を表現した造形作品を残した原野さんへの追悼で、女性の両腕にはその遺作が抱きかかえられている。タペストリーは羊毛を紡いで糸にし、ヨモギやクワの葉、ヒノキの皮などで染め、織機で仕上げている。森の中で生きるタヌキやキツネなどを描いた旧作も展示する。月曜休館(9月19日は開館し、翌日休館)。

    詳細情報

    場所 猪風来美術館
    住所 新見市法曽
    問い合わせ 猪風来美術館
    TEL 0867-75-2444
    WEB ⇒ホームページを見る
    料金 一般400円、高校生200円、中学生以下は無料

他にもこんなイベント

  • ギョギョッと大集合!児島湖のいきものたち~見て・触れて・考えよう~
    ギョギョッと大集合!児島湖のいきものたち~見て・触れて・考えよう~
    環境学習センター・アスエコ
    2022年8月12日~2022年9月29日
    岡山市南部に広がる児島湖と周辺の川に生息する魚、エビ計約20種類を展示。水面に近い上層にいるヌマムツや中層を泳ぐフナ、コイ、低層を好むヌマチチブを同じ水槽に入れ、湖の環境を分かりやすく...⇒続きを見る
  • 伝統の花嫁 打掛姿のこべべ展
    伝統の花嫁 打掛姿のこべべ展
    ギャラリーさとう
    2022年9月22日~2022年9月29日
    古い着物をリメークした立体ミニチュア着物「こべべ」を制作する田中とし江さん(赤磐市)が、高さ約60センチの伝統的な花嫁衣装6点をはじめ、帯留めやブローチなど小物約50点を並べるき。⇒続きを見る
  • 備後絣andアンティーク展
    備後絣andアンティーク展
    ギャラリー・メリーノ
    2022年9月16日~2022年9月29日
    福山市に伝わる日本三大絣の一つ「備後絣」を紹介する。民芸品やガラス、昭和レトロな雑貨約100点も並ぶ。26日休み。⇒続きを見る
  • 企画展示「いざ!防災~『もしも』に備える~」
    企画展示「いざ!防災~『もしも』に備える~」
    浅口市立鴨方図書館
    2022年9月9日~2022年9月29日
    防災や災害をテーマにした実用書や小説、絵本など約150冊を展示。ハザードマップのほか、市内の災害発生の歴史をまとめた表、市がブルーシートや毛布、簡易トイレなどを備蓄している様子の写真を...⇒続きを見る
  • こじまブルーアートフェスティバル2022
    こじまブルーアートフェスティバル2022
    旧野崎家住宅ほか
    2022年9月29日~2022年11月6日
    県ゆかりの美術作家5人の作品を展観する。展示は、旧野崎家住宅、児島市民交流センター、鷲羽山ビジターセンター、鷲羽山レストハウス、むかし下津井回船問屋、児島観光港の6カ所。児玉知己さん(...⇒続きを見る

周辺の観光スポット

猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)
縄文造形(生命と魂のデザイン)による現代縄文アート作品を展示。豊...
(歴史・文化/新見市)
済渡寺
初夏には寺の前の田一面に花菖蒲やアジサイが咲きます。山にも6月下...
(歴史・文化/新見市)

あなたにおすすめ

ページトップへ