山陽新聞デジタル|さんデジ

まいられぇ岡山

福井山 龍城院(ふくいさん りゅうじょういん)

市指定文化財の阿弥陀如来立像
市指定文化財の阿弥陀如来立像
福井山 龍城院(ふくいさん りゅうじょういん)
晋山式の稚児行列
晋山式の稚児行列
龍城院境内の桜景色
龍城院境内の桜景色
福井山 龍城院(ふくいさん りゅうじょういん)
瀬戸内海のまん中に位置する、伝教大師霊場第一番

 天台宗開祖・最澄の高弟、慈覚大師円仁により開山。1666(寛文6)年に信亮法師が龍城院として法燈を継承した。境内には戦没者を慰霊する陸軍大将・野津道貫揮毫の忠魂碑を祀る。「節分会」では笑門来福として落語を聞き、「涅槃会」では涅槃図の絵解きをする。かわいい稚児行列が練り歩く「花祭り」は地域の人の楽しみであり、大晦日の除夜の鐘は参拝者が願いを込めて突いている。木々に囲まれた静かな境内は、心を調える穏やかな場所として親しまれている。

ご案内

住所/〒714-0101 浅口市寄島町6881
TEL/0865-54-2013
HPアドレス/https://www.ryujyoin.net
交通/山陽自動車道・鴨方ICから車で15分。JR山陽本線・鴨方駅から車で8分
宗派/天台宗
ご本尊/阿弥陀如来
開山/838(承和5)年
代表的寺宝/本尊阿弥陀如来立像、阿弥陀如来座像、檀像、涅槃図、法華経八巻(いずれも市指定文化財)
御朱印/受付9時~17時、玄関まで 300円

年間行事

1月1~3日/大般若祈願会
2月/節分会
旧暦2月15日/涅槃会
4月/桜と音楽の会
5月第2土曜日/花祭り
7月23日/地蔵盆
12月31日/除夜の鐘

【ここも見どころ!】

ドラにゃん

 龍城院のオリジナルキャラクター。十二支に選ばれなかったネコが観音様の弟子となったことでドラにゃんに姿を変えたという。子どもを見守り、ともに成長する慈悲の化身として、身体堅固、諸願成就を祈念している。2021(令和3)年のドラにゃんお守りのご利益は学業成就。

(2021年10月06日 02時55分 更新)

ページトップへ