山陽新聞デジタル|さんデジ

神社

和氣神社(わけじんじゃ)

足腰健康のほか、安産や学業成就など「子どもの守り神」として崇敬されている
足腰健康のほか、安産や学業成就など「子どもの守り神」として崇敬されている
和氣神社(わけじんじゃ)
拝殿前の“狛いのしし”
拝殿前の“狛いのしし”
美しい装飾彫刻の本殿
美しい装飾彫刻の本殿
足腰健康・子どもの守り神 和気清麻呂公生誕の地

 和氣神社は、和気氏一族の氏神として祖神・鐸石別命が祀られたことによって創祀されたと伝わる。後に曾孫・弟彦王、その12代後の子孫にあたる和気清麻呂公、和気広虫姫などが祀られた。

 清麻呂公は、769(神護景雲3)年、皇位を奪おうとした僧・道鏡の野望を阻んだ。これにより京を追われ、足を悪くしてしまうが、道中イノシシに助けられ、足の病が治ったという。

 現存の本殿、拝殿、随神門は、邑久大工の名人・田淵勝義による一連の建造物。本殿は町の有形文化財に指定されている。

ご案内

住所/〒709-0412 和気郡和気町藤野1385
TEL/0869-93-3910
HPアドレス/http://wake-jinjya.com/
交通/山陽自動車道・和気ICから車で10分。JR山陽本線・和気駅から車で10分
ご祭神/鐸石別命、和気清麻呂公、和気広虫姫 ほか
創建/不詳
ご利益等/足腰健康、子どもの守護(安産・合格・学業成就)
御朱印/受付9時~16時、授与所まで 300円
※時期により紙朱印を用意

年間行事

毎月1日/月次祭
毎月21日/命日祭
毎月戌の日/安産祈願祭
元旦/歳旦祭
2月11日/建国祭
4月第2日曜日/春季大祭
6月30日/夏越大祓
10月第3日曜日/秋季大祭
11月中/七五三詣り

【ここも! 見とかれぇ】

撫で猪

 直接撫でることで、厄除けや足腰健康などのご利益をいただけるという。イノシシが清麻呂公の災難を救い、足を治したことに由来する。2019(平成31)年の亥年を記念して、備前焼窯元六姓十七代・木村玉舟氏により奉納された。

(2020年10月02日 04時15分 更新)

ページトップへ