山陽新聞デジタル|さんデジ

ういらぶ。(2018年公開)

撮影地や映画の見どころを紹介する冊子「ロケーションガイド」
撮影地や映画の見どころを紹介する冊子「ロケーションガイド」

累計発行部数100万部を突破した少女漫画「ういらぶ。 初々しい恋のおはなし」(星森ゆきも作)を実写映画化した青春ラブストーリー。 「好き」をこじらせまくりの凛(平野紫耀)と優羽(桜井日奈子)、ふたりを見守る暦(玉城ティナ)と蛍太(磯村勇斗)。そんな幼なじみ4人の前に、ライバル兄妹が現れる。人気アイドルグループ「King&Prince」の平野紫耀さんと岡山市出身の女優桜井日奈子さんが共演。オール岡山ロケで見どころが多い。
監督:佐藤祐市
出演:平野紫耀、桜井日奈子、玉城ティナ、磯村勇斗

■国立吉備少年自然の家(吉備中央町)


ういらぶ。(2018年公開)

宿泊棟やキャンプ場、フィールドアスレチックなどを備えた社会教育施設。ロケは2017年10月末から約1カ月かけて行われ、紅葉シーズン真っ盛り。主要キャスト6人がバーベキューをする中、それぞれの思いが交錯する恋模様が描かれている。赤や黄色に染まった木々、池のほとり…。自然豊かな風景は、胸キュンの恋を盛り上げた。



■吉備中央公園(吉備中央町)


ういらぶ。(2018年公開)

高校の近くにある公園で、主人公らの通学シーンに登場する。東山公園(岡山市)でも通学風景の撮影が行われた。



■東山周辺(岡山市)


ういらぶ。(2018年公開)

車や人が行き交う中、路面電車がゆっくりと走る岡山市街地。岡山人にはなじみの風景が、主人公らの通学、クラスメイトの日常生活を彩っている。



■やまびこ市場(高梁市)


ういらぶ。(2018年公開)

標高約400メートル地点にある農産物直売所。カフェ施設もあり、劇中、主人公らがペンションに向かう途中に立ち寄ったスポット。眼下に広がる風景を見ながら一息できる。近くの丘陵地に広がる茶畑では、高梁市を代表する特産品「高梁紅茶」の茶葉が栽培されている。



吉備高原学園高校
吉備高原学園高校

■こぼれ話


ロケのメイン舞台となる学校は、全寮制の吉備高原学園高校(吉備中央町)。生徒もエキストラとして活躍した。また、主演の平野さんは2018年5月デビューで、映画の公開は同年11月のため、平野さんにとってデビュー後初の主演映画。1カ月に及ぶ岡山滞在で、県内のテーマパークに足を運び満喫したそう。

(2021年04月21日 14時10分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ