山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山市で男性2人感染 20代は濃厚接触者 市内91人に

新たな新型コロナウイルス感染者の判明を受けて会見する岡山市の担当者
新たな新型コロナウイルス感染者の判明を受けて会見する岡山市の担当者
岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は18日、市内で新たに50代と20代の男性2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。岡山県内の感染判明は再陽性を除き127人、市内は91人となった。

 50代男性は兵庫県在住で、17日にJR岡山駅構内で意識がもうろうとして倒れているところを発見され、市内の病院に救急搬送された。肺炎の症状があり、PCR検査で陽性が判明した。愛媛県からの移動途中だったとみられる。肺炎と意識障害があり入院している。市は、意識障害は新型コロナ以外の病気が原因としている。

 20代男性は市内在住の自営業。9日に感染が発表された30代男性会社員の濃厚接触者で、17日にPCR検査で陽性となった。味覚や嗅覚に障害があり、入院している。

 また、赤磐市は18日、桜が丘中(同市桜が丘西)の40代男性教員の感染を受け、同中の生徒や教職員計105人に行ったPCR検査で、結果待ちだった生徒1人は陰性だったと発表した。対象者全員の陰性を確認した。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年08月18日 19時47分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ