山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山、倉敷市で新たに3人感染 新型コロナ、県内109人に

岡山市役所(左)と倉敷市役所
岡山市役所(左)と倉敷市役所
 岡山、倉敷市は8日、新たに3人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。いずれも感染者の濃厚接触者。岡山県内での感染判明は17日連続で、再陽性を除き109人となった。

 岡山市は市内の30代男性会社員で、感染者である市内の自営業の30代男性(1日発表)の友人。けん怠感やのどの痛みがあり、PCR検査で7日に陽性が判明した。男性会社員は7月25日、自営業の男性宅で一緒に食事しており、市はそこで感染したとみている。

 倉敷市の発表分は、市内の50代女性福祉施設職員と60代男性会社員。2人とも7日に感染が判明した倉敷成人病センター(同市白楽町)に勤務する20代女性の同居家族で、無症状という。

 20代女性の濃厚接触者とされた他の同居家族2人と患者1人はいずれもPCR検査で陰性だった。

【新型コロナウイルス 岡山の最新ニュースはこちら】

(2020年08月08日 21時42分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ