山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県内3例目クラスター 2人は感染判明の飲食店従業員

岡山県内3例目のクラスター発生について説明する大森市長
岡山県内3例目のクラスター発生について説明する大森市長
岡山県内3例目クラスター 2人は感染判明の飲食店従業員
 岡山市は5日、市内で新たに4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。うち2人は、これまでに利用客の女性3人の感染が判明している飲食店「月のあかり」(同市北区本町)の20代男性従業員。同店関連の感染は計5人となり、市は岡山県内3例目のクラスターが発生したと判断した。

 市によると、同店はカラオケ付きの店舗。7月23日に客として訪れた30代会社員女性(1日発表)、40代無職女性と30代自営業女性(いずれも3日発表)が陽性となり、接触者として検査した。併せて調べた系列店の20代男性従業員1人も感染が分かった。

 市は同店を23日に利用した人は接触者に当たるとして、受診相談センター(086―803―1360)に連絡するよう求めている。

 このほか、同店関連とは別に、30代自営業男性(1日発表)の濃厚接触者とされた20代会社員男性も感染が確認された。

 岡山県内での感染判明は14日連続で、再陽性を除き97人となった。うち同市は73人を占めており、記者会見した大森雅夫市長は「油断できない状況だが、一定程度の感染ルートは追えている。市民には改めて感染防止策の徹底を呼び掛けたい」と述べた。

(2020年08月05日 11時32分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ