山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山、倉敷の20代3人が感染 県内36人に 岡山市は5日連続

会見で新型コロナウイルスの感染確認について説明する岡山市の福井保健福祉局長(左)ら
会見で新型コロナウイルスの感染確認について説明する岡山市の福井保健福祉局長(左)ら
岡山市役所
岡山市役所
倉敷市役所
倉敷市役所
 岡山、倉敷市は18日、両市内の20代男女計3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症。岡山県内での感染確認は再陽性を除いて36人となった。岡山市内での判明は25人目で、5日連続。倉敷市内では5月8日以来2人目。

 岡山市はサービス業の男女。市によると、男性は17日に感染を発表した20代女性の濃厚接触者で、女性が14日、男性が勤務する市内の接客を伴う飲食店に客として訪れた。17日にPCR検査で陽性が確認され、18日に市内の医療機関に入院した。

 サービス業の女性は勤務先が広島県内で、15日に発熱し、17日に岡山市内の新型コロナウイルス外来を受診。PCR検査で陽性となり、岡山県内の感染症指定医療機関に入院している。

 現時点での濃厚接触者はともに職場の同僚で、男性が14人、女性が1人。

 17日に発表した女性のほかの濃厚接触者は同居の家族3人を含む全6人で、いずれも陰性だった。

 倉敷市は男性会社員。市によると、16日に発熱し、市内の医療機関を受診。18日にPCR検査で陽性となり、感染症指定医療機関に入院した。現在、熱は下がっている。

 男性は11、12日に福岡市に旅行し、東京の友人ら3人と居酒屋などで会食。13~15日は倉敷市内の職場に出勤し、16日以降は自宅待機していたという。同居家族はおらず、市は濃厚接触者の有無を調べている。

(2020年07月18日 21時36分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ