山陽新聞デジタル|さんデジ

マスク25万枚 県内医療機関へ 国が3回目の配布

岡山県庁
岡山県庁
 新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足を受け、岡山県は7日、国が新たに医療用マスク約25万枚を県内の医療機関など計約3800カ所に提供したと発表した。

 国のマスク配布は3回目で、県内分の累計は計53万9千枚になった。今回は県を経由せずに国が直接、感染症指定医療機関や発症者らを診察する「帰国者・接触者外来」に送付。一般の病院や診療所、訪問看護ステーション、薬局などにも県医師会や県病院協会といった医療関係6団体を通じて順次届ける。

 国は今後もマスクを医療機関に優先的に配る方針を示している。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年04月07日 20時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ