山陽新聞デジタル|さんデジ

県内11人目、東京出張で感染か 岡山市の自営業50代男性

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市は5日、同市に住む自営業の50代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。のどの痛みがあるが軽症という。市は出張先の東京で感染したとみている。岡山県内での感染確認は11人目、同市内では6人目となった。

 市によると、男性は小売業を営み、3月24~30日に岡山桃太郎空港発着の飛行機を使って東京に出張。移動時などはマスクを着用していたが、滞在中に3日間、都内で外食し、店が混み合っていたこともあったと説明しているという。岡山に戻った後の31日に発熱し、今月3日に帰国者・接触者外来を受診。4日にPCR検査で陽性と判明した。現在は入院し、平熱に戻っている。

 現時点で判明している濃厚接触者は同居する30代妻の1人。症状はないが、市が検査を行っている。

 記者会見した福井貴弘保健福祉局長は、市内で感染者が相次いでいることを踏まえ「不要不急の遠出を控えるなど感染予防を徹底してほしい」と述べた。

 また、市は5日、4日に感染が判明した会社員の50代男性(同市南区)について、感染経路が不明なことから再検査を実施し、改めて陽性を確認した。

【新型コロナウイルス 岡山のニュースまとめ】

(2020年04月05日 20時33分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ