山陽新聞デジタル|さんデジ

おでかけ

光彩る紺屋川 家族連れら感嘆 高梁、イルミネーションお目見え

紺屋川を彩るイルミネーション。右がライトアップされた高梁基督教会堂
紺屋川を彩るイルミネーション。右がライトアップされた高梁基督教会堂
 高梁市中心部を流れる紺屋川一帯に、イルミネーションがお目見えした。市青年経済協議会による冬の恒例企画。ほとりに立つ明治中期築の高梁基督教会堂(県史跡、同市柿木町)もライトアップされ、家族連れらが普段とは趣を変えた城下町を楽しんでいる。

 約150メートル区間で両岸の樹木を青と白色のLED(発光ダイオード)照明で装飾し、教会堂前の河川敷に下りると、頭上に“星”が輝いているように見える趣向。25日に点灯が始まり、訪れた人たちは「きれい」「すごい」と感嘆の言葉を口にしながらスマートフォンで撮影している。

 「毎年楽しみ。見ると心が和む」と来場者(74)=同市。点灯は来年1月14日までの午後5時~9時。

(2023年11月29日 16時19分 更新)

【おでかけ】の最新記事

あなたにおすすめ

ページトップへ