山陽新聞デジタル|さんデジ

コロナ懸念で自主休校者70人 岡山市立小中学校、7月時点

岡山市役所
岡山市役所
 岡山市教委は4日、新型コロナウイルスへの感染不安から自主休校した市立小中学校の児童生徒が、7月の時点で1日当たり約70人いたことを明らかにした。

 市議会の新型コロナ感染症対策調査特別委員会で報告した。児童生徒全体(約5万4千人)の約0・13%に当たる。緊急事態宣言明けの5月21日の学校再開時には273人だった。再開後、一度も登校していない児童生徒もいるという。

 各学校は自主休校者に対し、教員が電話や家庭訪問で健康状態などを確認し、プリントなどの自主学習用教材を配布している。

 市教委は「事態を重く受け止めている。学校の感染対策について丁寧に説明して登校を促し、学力確保にも努めたい」としている。

 コロナへの懸念による自主休校者に対し、市教委は「欠席」ではなく、評価で不利にならない「出席停止」として扱うよう各校に通知している。

新型コロナ・岡山対応

あなたにおすすめ

さんデジ特集

TOP