山陽新聞デジタル|さんデジ

2018年7月6日、倉敷市真備町地区をはじめ、岡山県内各地に未曽有の水害をもたらした西日本豪雨。あの日から、被災地では復興に向けて一歩ずつ進んでいるが、死者61人(関連死除く)、住宅の全半壊8195棟という大災害の記憶は決して風化させてはならない。私たちは災禍を記録し、再生への歩みを伝え続ける。
         
空から見た真備町
定点写真
  • 末政川の決壊地点
    小型無人機ドローンで、決壊地点の西側から北東方向を撮影した。工事では東岸の40メートルと110メートル区間、西岸の150メートル区間の3カ所で堤防を0.7~1メートルかさ上げし、6~10メートル拡幅。上流には架け替えられた橋が見える。
  • 倉敷市真備町の川辺橋南
    国の国土強靱(きょうじん)化3カ年緊急対策の一環で、高梁川の9カ所で堤防強化や川底の掘削、樹木の伐採などが実施された。倉敷市真備町川辺地区では2019年8月から、約1.3キロの区間の護岸などが行われた。
  • 南山(倉敷市)の掘削工事
    2019年6月に始まった小田川と高梁川の合流地点を下流部に付け替える工事。最も大掛かりな南山(標高76メートル、倉敷市)は山城跡も含めて全て取り除き、さらに10メートル掘り下げて水を流す計画だ。西側斜面の防護壁や堤防を走る道路が整備されるなど、23年度の完成へ工事が進む。
グラフ

  • 住宅の損壊で住まいを追われた被災者のために用意された岡山県内の仮設住宅。その入居者数は、ピーク時の2018年11月、借上型、建設型を合わせて9074人に上った。そこから住宅の再建が進むごとに入居者数は減り続け、22年5月はピーク時の1%未満となる89人(借上型81人、建設型8人)。住民生活は着実に日常を取り戻しつつある。ただ経済面や健康面などで課題を抱える人たちは少なくないため、今後もきめ細かな支援が必要だ。(グラフの数字は各月末時点のもの)

  • 豪雨によって広範囲が浸水した倉敷市真備町地区。被災前月の2018年6月末に2万2797人だった人口は被災後に急減し、1年後の19年6月には、ほぼ1割減の2万568人まで落ち込んだ。だが同9月に2万565人と底を打ち、その後は回復傾向にある。地区内に災害公営住宅3棟が完成し、市内外の仮設住宅で暮らしていた人たちが次々と入居したことなどから、22年6月は2万639人でわずかながらも増えた。着実に復興への歩みを進めている様子が見て取れる。(グラフの数字は各月末時点のもの)
これまでの経過
アーカイブ
ページトップへ