山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県が新型肺炎の対策本部設置 感染者発生時の初動対応迅速化

新型コロナウイルスによる肺炎患者の発生に備え、関係機関との連携を確認した岡山県の対策本部会議
新型コロナウイルスによる肺炎患者の発生に備え、関係機関との連携を確認した岡山県の対策本部会議
 新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、岡山県は30日、伊原木隆太知事をトップとする対策本部を県庁内に立ち上げた。県内で感染者が発生した場合に備え、関係機関との情報共有を図り、初動対応を迅速化する狙い。

 政府が同日、感染拡大防止に向け、安倍晋三首相を本部長とする対策本部の設置を閣議決定したことを受けた措置。中国・上海への直行便がある岡山桃太郎空港や県内の観光地、商業施設で警戒を強めるほか、岡山市立市民病院など感染症法に基づく指定医療機関との連携を深める。

 県庁で同日午前に開かれた本部会議では、伊原木知事が県内での感染者の発生に備え、万全の対応を取るよう指示した。感染が確認された場合、県は医療機関や保健所と緊密に情報交換し、県民へ情報提供するとともに、適切な患者移送や接触者調査などのまん延防止策を講じる。

 県は併せてホームページにマスク着用や手洗いなどの対応方法を掲載するなどして注意喚起に努めている。相談窓口は県健康推進課(086―226―7331)。

(2020年01月30日 12時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ