山陽新聞デジタル|さんデジ

シャルム通信(1)18日開幕 皇后杯に向けて 加戸由佳主将が意気込み

18日に開幕する皇后杯全日本女子選手権に挑む吉備国際大シャルムのメンバー
18日に開幕する皇后杯全日本女子選手権に挑む吉備国際大シャルムのメンバー
  サッカー女子・なでしこリーグ2部の吉備国際大シャルムは18日開幕の皇后杯全日本女子選手権に臨みます。加戸由佳主将が大会への意気込みを寄せてくれました。

 2023プレナスなでしこリーグ2部が10月15日で終了しました。日頃より吉備国際大学Charme(シャルム)岡山高梁を応援してくださる皆さまの思いや温かさ、期待、励ましの言葉などが、私たちにとってとても大きな力となっています。

 今シーズンは社会人選手と大学生選手の融合などさまざまなチャレンジもあり、チームや個々の成長、新たなシャルムの可能性、魅力を感じることができました。結果は10チーム中6位でしたが、シャルムの試合を見てくださった方々に「シャルムは面白いサッカーをするね!」「すごくワクワクした楽しい試合だったよ!」「また応援に来るね!頑張ってね!」などのお言葉をいただけたことがとてもうれしく、自信にもつながりました。

 今後、シャルムがさらに飛躍するためにも、今まで積み上げてきたことを継続していき、さらなるチーム力の向上、個々のレベルアップに一人一人が向き合い、日々精進していきたいと思います。そして、チームのキャッチフレーズである「ALL FOR SMILE~すべては笑顔のために~」を胸に、公式戦をはじめ、地域貢献活動やサッカー教室、スポーツイベントなどのさまざまな活動を通して、私たちが多くの人を笑顔にし、岡山県を盛り上げていきたいと思います。

 さて私たちは、11月18日から始まる皇后杯JFA第45回全日本女子サッカー選手権大会に、中国第2代表として出場します。

 皇后杯は、全国9地域の24チーム、WEリーグ、なでしこリーグ1部の各12チームの計48チームが日本一を目指して戦う大会です。勝つことにこだわり、これまで積み上げてきたアグレッシブでコレクティブなサッカーで、一戦一戦果敢に挑みます。

 そして、シャルムを応援してくださる皆さまの思いを力にして、チーム一丸で最後までひたむきに戦い抜きます。

 1回戦は、栃木県グリーンスタジアム(宇都宮市)で18日午後2時キックオフ。対戦相手は早稲田大学(関東第6代表/東京)です。応援よろしくお願いします。
加戸由佳主将
加戸由佳主将

加戸由佳(かど・ゆうか) 吉備国際大学シャルム岡山高梁主将。1990年6月19日生まれ。倉敷市出身。岡山湯郷ベル、バニーズ京都SCを経て、2021年にシャルムに加入した。元日本代表。

(2023年11月15日 16時06分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ