山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県6人死亡2529人感染 コロナ 3カ月ぶり2500人超

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県は7日、新型コロナウイルスに感染していた6人の死亡と、2529人の感染を発表した。1日当たりの感染者数が2500人を超えるのは9月7日以来、3カ月ぶり。

 感染者の増加傾向に伴い、医療の逼迫(ひっぱく)度を示す病床使用率は6日現在で52・2%(前週44・8%)と半数超。県新型コロナ対策室は「寒さが厳しくなり室内の換気が十分でない可能性がある。マスク着用や手指消毒とともに定期的な換気を」と呼びかけている。

 死者は80代男性4人と、90代以上の女性、70代男性の各1人。新規感染者は岡山市保健所の管内が891人、倉敷市保健所643人、県管轄の5保健所935人、陽性者診断センター60人。年代別は10代411人、40代401人、10歳未満393人など。

 クラスター(感染者集団)は20件発生。高齢者施設は岡山、浅口、真庭市などの14件で計95人、医療機関は岡山、倉敷市などの4件で計27人、障害者施設は岡山市と吉備中央町の2件で計14人の感染が判明した。

(2022年12月07日 18時07分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ