山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山城下33店 食べ飲み歩こう 11月3日 4年ぶりハレノミーノ

ポスターを掲げて参加を呼びかける実行委員長の山本さん
ポスターを掲げて参加を呼びかける実行委員長の山本さん
 岡山市中心部で食べ飲み歩きを楽しむイベント「ハレノミーノ」(実行委主催)が11月3日、4年ぶりに開かれる。岡山城のリニューアルオープン(同日)に合わせ、会場となるエリアを従来の西川緑道公園周辺から岡山城近辺へと変更。城周辺の飲食33店が参加し、来店客はチケットを1枚提示すると料理1皿とドリンク1杯のセットを味わえる。

 同市北区表町、出石町地区を中心に居酒屋、イタリアン、中華、カフェなど多彩なジャンルの店が参加。アルコールやソフトドリンクとともに、シカ肉の大和煮、油淋鶏(ユーリンチー)、ピザ、キッシュ、チーズケーキといった各店自慢の料理を提供する。開催時間は午前11時~午後11時で、店によって受け入れ時間が異なる。

 5枚つづりのチケットは各店舗で扱う前売り(3500円)のほか、当日(4千円)も購入でき、岡山神社(同市北区石関町)に設ける受付ブースで販売する。チケットが余った場合は11月4~10日、参加店の一部で1枚700円分の金券として利用できる。

 岡山でのハレノミーノは新型コロナウイルスの影響で2018年を最後に開催を見送ってきたが、岡山城の再オープンを記念してまちを盛り上げようと、飲食店経営者らでつくる実行委が再開を決めた。当日は稲荷を祭る表町地区の社(やしろ)を訪ね歩くイベント(先着10人、要申し込み)も催す。

 実行委員長で「自然派ワインのお店 プレヴナン」(同市北区出石町)代表の山本和志さん(53)は「店を巡る合間にゆっくりと城下町を散策し、まちの良さを再発見してほしい」と話している。

 参加店などの詳細はイベント名のインスタグラムかプレヴナン(050―3635―8055)。

(2022年10月29日 14時14分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ