山陽新聞デジタル|さんデジ

V部(10)笠岡第一病院院長 橋詰博行(下) 実績重ね全国から患者

 手の外科医として一人前になった橋詰博行は1991年、母校の岡山大病院に帰り、整形外科助手、講師、助教授を務めた。

 ある日、井上一教授から海外の医学誌を見せられ「手根管症候群の内視鏡手...

(2022年10月12日 09時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ