山陽新聞デジタル|さんデジ

「アウワー」グランプリに輝く 岡山でエンタメチャレンジ

グランプリに輝いた「ou〓」
グランプリに輝いた「ou〓」
 新たなアマチュアミュージシャンの才能を発掘するコンテスト「おかやま国際音楽祭2022 エンターテイメントチャレンジプラス」(山陽新聞社など主催)の決勝大会が1日、岡山市北区柳町の同社さん太ホールで開かれた。グランプリにはアコースティックギターとボーカルの男女2人組ユニット「ou〓(アウワー)」が輝いた。(〓はRの右上に’)

 県内外から26組の応募があり、8月下旬の予備審査を通過した9組が出場した。各10分間の持ち時間でオリジナルの2~3曲を披露し、大手レコード会社担当者ら6人が歌唱力や演奏技術、将来性を審査。インターネットで事前に行った人気投票の結果も加味した。

 グランプリのou〓には賞金10万円が贈られ、今後、地域イベントの出演など音楽活動のサポートも受ける。(〓はRの右上に’)

 ギターのうらむね(本名・浦宗航)さん(32)=岡山市=は「2人で立ったことがないライブハウスで演奏できたら」、ボーカルのおりゆき(古川優紀子)さん(29)=同市=は「結成3カ月でまだまだ未熟な2人。挑戦を続け、岡山を盛り上げたい」と話した。

(2022年10月01日 22時03分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ