山陽新聞デジタル|さんデジ

「おかやまハレ旅応援割」開始へ 10月11日から岡山県

「おかやまハレ旅応援割」開始へ 10月11日から岡山県
 岡山県は30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きい観光業を支援するため、新たな県内旅行割引事業「おかやまハレ旅応援割」を10月11日に始めると発表した。国が「全国旅行支援」を導入するのに合わせ、現行事業の利用対象を全国に拡大する形で運用。1人1泊当たり最大1万1千円分を支援し、子ども向けにクーポンの金額を上乗せする県独自の施策も展開する。期間は12月20日まで。

 全国旅行支援は「Go To トラベル」に代わる割引事業で、都道府県が実施可否や期間を判断し、国が費用を補助する。県は新型コロナの感染状況も踏まえ、県内観光の需要喚起を図る。

 交通費込みの宿泊旅行は8千円、宿泊のみや日帰り旅行は5千円を上限に、旅行代金の40%を割り引く。買い物などに使えるクーポン券は平日3千円分、休日千円分を発行。県の独自施策として保護者らが同伴する高校生以下は休日も3千円分に引き上げる。

 既に予約済みの人にも原則、割引を適用する。利用時には新型コロナワクチンの3回目接種の証明か陰性証明の提示を求める。

 中四国各県と兵庫県の10県民を対象とする現行の割引事業「おかやま旅応援割」は10月10日まで続け、切れ目なく移行する。岡山県観光課は「秋ならではの県内観光をPRするキャンペーンも10月から始まる。全国から訪れる多くの人に岡山の魅力を味わってもらいたい」としている。

 問い合わせは「おかやまハレ旅応援割」事務局(086―201―1444)。

(2022年09月30日 12時46分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ