山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県がコロナ無料検査会場設置 感染者急増受け、盆帰省者ら対象

岡山コンベンションセンターで無料の抗原検査を受ける希望者
岡山コンベンションセンターで無料の抗原検査を受ける希望者
 新型コロナウイルスの感染者急増を受け、岡山県は5日、岡山コンベンションセンター(岡山市北区駅元町)に臨時の無料検査会場を設置した。盆期間に県外へ帰省する人をはじめ、旅行、イベント参加などで陰性結果が必要な人を対象としており、会社員や家族連れらが次々と訪れた。

 検査は抗原検査で、来場者は申込書に体調などを記入した後、自分で綿棒を鼻の穴に入れ、粘膜を採取。15分ほどで結果通知書が発行された。陰性結果を受けた同市中区の女性(30)は「大阪にいる両親に家族で会いに行くので検査した。少しほっとした」と話した。

 同センター以外にも県内の医療機関や薬局などで無料PCR検査・抗原検査を実施しており、県のホームページで紹介している。

 同センターでの検査は5~18日の午前9時~午後6時(受け付けは同5時半まで)。予約不要で、運転免許証などの身分証明書が必要。問い合わせは県コロナ無料検査事務局(086―201―7267)。

(2022年08月05日 11時48分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ