山陽新聞デジタル|さんデジ

参院選岡山 野党候補一本化を断念 市民団体「事実上困難と判断」

 参院選岡山選挙区での野党連携を進める市民団体「おかやまいっぽん」は20日、候補の一本化を事実上断念したことを明らかにした。片岡達彦共同代表らが県庁で記者会見して説明した。

 共産党が擁立する新人と、立憲民主、国民民主両党が推薦する無所属の新人との候補者調整を進めるため、双方に政策協議を申し入れていたが、不調に終わったという。

 片岡共同代表は「最後まで一本化への努力は続けるが、事実上困難と判断した」とした上で「今後は各党や候補の政策を有権者に広く知ってもらう取り組みをしていきたい」と述べた。

(2022年06月20日 18時25分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ