山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山・新庄「がいせん桜」も登場 RSK「勝手に村択」12日放送

RSK山陽放送制作の「勝手に村択 JAPAN未来美レッジ」で岡山県新庄村を訪れた浜口京子
RSK山陽放送制作の「勝手に村択 JAPAN未来美レッジ」で岡山県新庄村を訪れた浜口京子
 人気芸人らが日本各地の町や村を訪れ、地元で守られてきた美しい景観や食、伝統を紹介するRSK山陽放送の制作番組「勝手に村択(そんたく) JAPAN未来美レッジ」が12日午後3時半から、TBS系列で放送される。

 NPO法人「日本で最も美しい村」連合に加盟する町村や地域から、独自に五つを選択。お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉らがMCを務め、チャンカワイ、モデルのロイらがリポーターとして岡山、北海道、岐阜、徳島、鹿児島から魅力を伝える。

 「がいせん桜」で有名な岡山県新庄村を訪れるのは浜口京子。地元でしか食べられないという“幻”の牛を味わうほか、樹齢100年を超える天然ヒノキを使ってあるものを作る新しい試みをリポートする。桜を愛し、ともに暮らす人々の思いにも触れる。

 浜口は「ひめのもちや新庄牛のおいしさに感動し、村の皆さんが桜を大切に育てて一緒に生きているんだと感じた。一緒に旅している気分で見ていただきたい」と話す。

 お笑いコンビ「ザ・マミィ」は、リサイクル率80%を超える徳島県上勝町でごみを減らすユニークな取り組みを体験。チャンカワイらはサンゴ礁が隆起してできた島、鹿児島県喜界町で伝統の追い込み漁に挑戦する。北海道は美瑛町、岐阜県は東白川村を訪ねる。

(2022年06月11日 16時04分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ