山陽新聞デジタル|さんデジ

里見倉敷藤花 女流棋士で初本戦へ 棋王戦コナミグループ杯

棋王戦の本戦進出を決め、対局を振り返る里見倉敷藤花(左)=大阪市・関西将棋会館
棋王戦の本戦進出を決め、対局を振り返る里見倉敷藤花(左)=大阪市・関西将棋会館
里見香奈倉敷藤花
里見香奈倉敷藤花
 将棋の里見香奈倉敷藤花(30)=女流王座、女流王位、女流王将=は27日、大阪市の関西将棋会館であった第48期棋王戦コナミグループ杯(山陽新聞社主催、協賛社・大塚製薬)の予選決勝で、古森悠太五段(26)を破り、本戦トーナメント進出を決めた。八大タイトル戦の本戦に女流棋士が進むのは初めて。男性棋戦での直近成績が10勝以上かつ勝率6割5分以上となり、男性と同じ「棋士」への編入試験の受験資格も得た。

 第48期棋王戦予選は8組のトーナメントを行い、各組の優勝者が本戦に進む。里見倉敷藤花はこの日までに4人の棋士を破り、決勝に進んでいた。古森五段との対局は先手となり、99手で制した。

 本戦は渡辺明棋王への挑戦権を懸け、強豪棋士たちがトーナメントで戦う。

 将棋のプロには「棋士」と「女流棋士」があり、制度が異なる。女流棋士の強豪は「女流枠」でプロ公式戦(男性棋戦)の予選に出場している。里見倉敷藤花の男性棋戦の直近成績は10勝4敗。女流棋士が編入試験の受験資格を獲得したのは初めて。

 終局後、里見倉敷藤花は本戦進出について「苦しい将棋もあったが、諦めずに集中して指せたのが結果につながった。実力以上のものが出せた」と話した。編入試験の受験については「それなりの覚悟がいる。あまり前向きではない」とした。ただ「現実に資格を得たので考えてみたい。自分の中で受験したいという気持ちが強く出てくるかどうかだ」と含みも残した。受験する場合は1カ月以内に日本将棋連盟に申請する必要がある。

(2022年05月27日 21時08分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ