山陽新聞デジタル|さんデジ

ファジアーノ、4連勝ならず 敵地で千葉に0-1

後半ロスタイム、ファジアーノ岡山の懸命の守備も及ばず、千葉の高橋壱晟(32)に決勝点を奪われる=フクダ電子アリーナ
後半ロスタイム、ファジアーノ岡山の懸命の守備も及ばず、千葉の高橋壱晟(32)に決勝点を奪われる=フクダ電子アリーナ
 明治安田J2第15節第1日(8日・フクダ電子アリーナほか=10試合)前節4位ファジアーノ岡山はアウェーで同17位千葉に0―1で敗れ、今季初の4連勝はならなかった。勝ち点24(6勝6分け3敗)で順位は変わらなかった。

 新潟は東京Vに4―3で競り勝ち、2連勝で首位に立った。上位3チームが勝ち点29で、仙台は長崎に2―0で快勝して2位。横浜FCは秋田に敗れ、2連敗で3位に後退した。

千葉1―0岡山
前半0―0
後半1―0

千葉 5勝4分け6敗(19)
岡山 6勝6分け3敗(24)

 【評】ファジアーノ岡山は終了間際の失点で敗れた。ペナルティーエリア左深くに進入を許すとゴール前に折り返され、フリーでたたき込まれた。後半は守勢に回る時間が長く、一丸でしのいでいただけに悔やまれる。攻撃は前半、FKからチアゴアウベスが放った左足ボレーでネットを揺らしたかった。ただ序盤からパスがつながらず好機はわずかだった。

 千葉は後半に強めた攻勢が最後に実った。

(2022年05月09日 20時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ