山陽新聞デジタル|さんデジ

観光特急「銀河」おもてなし 7日、備中高梁駅などで催し

 JR西日本の長距離観光特急列車「ウエストエクスプレス銀河」山陰コースの運行開始(6日)に合わせ、同社岡山支社などは7日午後9時25分から、おもてなしイベントを、停車駅の備中高梁駅(高梁市旭町)と隣接する市図書館で開く。

 列車は午後9時25分に到着。市図書館前で、地元の成羽社中が備中神楽の演目「大蛇(おろち)退治」を披露する。高梁、新見市の特産品販売もある。同10時、高梁市の近藤隆則市長らの合図で出発する列車を見送る。

 今回の山陰コースの運行は9月21日までで、京都―出雲市間を週2回往復する。県内では、備中高梁駅のみ上り列車が停車する。7日以外も、地酒の試飲販売などのおもてなしを行う。

(2022年05月03日 21時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ