山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ、岡山県で30人感染 県内2153人に

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で20日、30人の新型コロナウイルス感染が判明した。岡山市16人、倉敷市8人、玉野、瀬戸内市各2人、総社、新見市各1人。県内での感染確認は2153人となった。

 倉敷市は5人の感染経路が不明。クラスターが起きた市内の高齢者福祉施設の入所者2人の感染が新たに確認され、同施設での感染者は13人となった。

 岡山市は70代女性が中等症。5人の感染経路が不明。クラスター(感染者集団)が発生した瀬戸内市の医療機関の職員3人の感染が新たに分かった。県によると、瀬戸内市の感染者2人のうち1人もこの医療機関の入院患者で、一連の感染者は12人になった。

 県によると、新見市の1人はクラスターが起きた市内の高校の生徒で、同高での感染確認は14人目。総社、瀬戸内市の各1人の感染経路が分かっていない。

(2021年01月20日 20時31分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ