山陽新聞デジタル|さんデジ

後楽園「芝焼き」初の中止 2月3日予定 新型コロナ感染拡大

昨年の後楽園の芝焼き
昨年の後楽園の芝焼き
 岡山市の後楽園は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月3日に予定していた「芝焼き」を中止すると発表した。1965年から毎年行っており、中止は初めて。

 同園によると、芝焼きは病害虫の駆除や新芽が出る時期をそろえるために実施。春を呼ぶ恒例行事として例年約800人が訪れており、密を避けるために中止とした。

 また、梅の剪定(せんてい)作業(1月19~21日)に合わせ、例年実施しているつぼみ付きの枝の販売も、剪定する枝の花付きが少ないとして中止すると発表した。

(2021年01月14日 17時52分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ