山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県で19人感染 瀬戸内市では31例目クラスター

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県内で28日、19人の新型コロナウイルス感染が確認された。岡山、倉敷市が各7人、瀬戸内市2人、笠岡、高梁市、和気町が各1人。瀬戸内市では県内31例目のクラスター(感染者集団)が発生した。県内での感染確認は1284人となった。

 岡山市の7人のうち4人は市が26日に感染を発表した90代女性の接触者で、1人は知人、残る3人は高齢者向けのサービスを提供する事業所の従業員という。

 倉敷市は7人中5人が感染者の同居家族ら濃厚接触者か接触者で、2人の感染経路が不明としている。

 県によると、瀬戸内市の2人は同市内の会社の従業員で、同社での感染判明者が計6人となり、県はクラスターと判断した。

【新型コロナウイルス 岡山の感染状況まとめ】

(2020年12月28日 21時56分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ