山陽新聞デジタル|さんデジ

新型コロナ 岡山県700人超える 600人に達してから9日間で

岡山県庁
岡山県庁
 岡山県と岡山、倉敷市は10日、新たに計13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内での感染確認は701人となり、今月1日に600人に達してから9日間で700人を超えた。

 県内の感染確認は、11月中旬以降、ほぼ連日2桁が続いている。居住地別では岡山、倉敷市を中心とした県南部が目立つものの、県中北部でも断続的に感染者が出ており、年代も10歳未満から90代以上と幅広い。県は「高齢者が感染すれば命に関わる。対策の徹底をお願いしたい」とする。

 倉敷市がこの日発表したのは6人。60代女性は、市が9日に感染を公表した70代男性自営業者の同居家族。年代、性別など非公表の2人は、この男性が営む習い事教室の生徒。市は男性の発症日(1日)前後の11月29日から4日までに計約30人が同教室で学んだとみて調べている。他の70代女性、50代男性アルバイト、年代非公表の男性は感染経路不明。

 岡山市は20~80代の男女5人で、うち4人が感染経路不明。県の発表は玉野市の80代男性と高梁市の70代男性。70代男性は感染者の濃厚接触者。

(2020年12月10日 20時11分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ