山陽新聞デジタル|さんデジ

広島県で15人が新型コロナ感染 県内569人に

広島県庁(左)と広島市役所
広島県庁(左)と広島市役所
 広島県内で30日、新たに計15人の新型コロナウイルス感染が判明した。県内での感染確認は計569人(再陽性を除く)となった。

 広島市は4人。30代の1人は呉市の患者の濃厚接触者。他の20代2人と60代1人は県外への往来はない。県発表分は、府中町の50代1人と海田町の40代1人。40代は発症前14日以内に県外を訪れていた。6人はPCR検査で陽性と分かり、いずれも軽症という。

 呉市は、20~70代の8人と児童1人の感染を発表。児童は、26日に市が感染を発表した児童の濃厚接触者だった。

(2020年10月01日 00時19分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ