山陽新聞デジタル|さんデジ

岡山県産白桃でリキュール 丸本酒造、「家飲み」需要狙う

岡山県産白桃をふんだんに使った「岡山白桃サワーの素」
岡山県産白桃をふんだんに使った「岡山白桃サワーの素」
 丸本酒造(浅口市鴨方町本庄)は、岡山県産の白桃を使ったリキュール「岡山白桃サワーの素」を発売した。新型コロナウイルスの感染拡大で増えている「家飲み」需要を取り込むのが狙い。

 収穫したばかりの白桃を使用。渋みや苦みが出るのを防ぐため皮や種を除き、まるごと醸造用アルコールに漬け込んだ。炭酸水で割ると、白桃の繊細で気品ある香りが引き立ち、上品な甘味も楽しめるという。

 500ミリリットル入りで1本1100円。アルコール度数は17%。同酒造の直売所やEC(電子商取引)サイト、スーパーの山陽マルナカで扱っている。

 「家飲み」が増えて全国的に果物サワーの売り上げが好調なことから、地元特産の白桃に目を付けた。同社は「白桃をふんだんに使ったぜいたくなリキュールを自宅で楽しんで」としている。

(2020年09月01日 14時34分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ