山陽新聞デジタル|さんデジ

人気猫城主あしらったマスク 天満屋ハートネットが製作

猫城主「さんじゅーろー」をあしらったマスク
猫城主「さんじゅーろー」をあしらったマスク
 天満屋グループで、清掃業務などを請け負う障害者雇用の特例子会社・天満屋ハートネット(高梁市有漢町有漢)は、備中松山城(同市)の猫城主として人気の「さんじゅーろー」をあしらったマスクを作った。

 障害者らスタッフが手作りした。洗濯による傷みに強い厚手の綿布を表地に、裏地にはガーゼを使用。大きさの異なる6種類のさんじゅーろーのプリント台紙を添付しており、上からコインでこすって転写する。

 幼児から大人まで対応できる大中小の3サイズ(幅7・5~12センチ)を展開。色は青、紫、ベージュを用意した。価格は770円。天満屋のオンラインショップのほか、天満屋ハピータウン高梁店(同市中原町)内の天満屋サテライトショップ、高梁市観光協会で扱っている。

 天満屋は「観光客に人気の猫で、高梁市の観光PRにも一役買いたい」としている。

(2020年06月18日 21時21分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ