山陽新聞デジタル|さんデジ

恩原高原で弁当12種類販売 20日、鏡野の飲食店など連携

 鏡野町内の飲食店などが連携して予約制で弁当を販売する「かがみのエール飯」は20日、ニッコウキスゲが見頃を迎えている恩原高原スキー場(上斎原)で弁当を提供する。

 パン店やレストランなど6事業者が、ヒラメ(アマゴ)の塩焼き入り弁当、イノシシ肉の冷しゃぶ丼、オムライスなど12種類の弁当を用意する。シカ肉の缶詰も販売する。

 19日までに各店舗に電話か専用サイト(同日午後3時まで)で予約する。当日は午前11時~正午に同スキー場の特設会場で支払いと受け渡しをする。午後2時まではパンとコーヒーも販売予定(売り切れ次第終了)。

 かがみのエール飯は、新型コロナウイルスの感染拡大で売り上げが減るなどした事業者が5月から随時取り組んでいる。

 今回の参加事業者は次の通り。(市外局番はいずれも0868)

お食事処どんぐり(上斎原、44―2256)
民宿いしはら(同、44―2732)
道の駅奥津温泉(奥津、52―7178)
里山レストランAelu(奥津川西、52―0790)
パン・パパン&―隠れ家―田作(54―1350)
鏡野やま弁クラブののもん(上斎原、44―2581)

(2020年06月17日 18時45分 更新)

あなたにおすすめ

ページトップへ